Dr.涼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Dr.涼(ドラマーりょう)は、日本の音楽家。ドラマー。音楽プロデューサー。タレント。

別名、 藤崎涼(ふじさきりょう)。 同名の女優がいることから、『Dr.涼』と名乗るようになる。 俳優、雑誌モデルとしても活動していた事もある。 ダウンアップビート所属。

ドラムセットYAMAHAヤマハ)、シンバルZildjianジルジャン)、ドラムスティックPlaywood(プレイウッド)、ドラムヘッドはASPR(アサプラ)、ドラムケースはProtectionRacket(プロテクションラケット)を愛用。それぞれのモニターも努める。

辛いモノ好きとして知られ、世界一辛い(当時)ザ・ソースを小匙1杯半使ったカレーを4口食べ、病院行きとなったという伝説を持つ。

麻婆豆腐に精通するドラマーとして、テレビ番組や雑誌に度々出演している。

略歴[編集]

  • 13歳からフレンチホルンを始め、後にトランペットに転向。
  • 14歳から独学でドラムを始め、ハードロックバンドのドラマーとして活動。楽器屋のイメージバンドとして雑誌等に掲載される。
  • 17歳より演歌歌手のバックバンドでプロドラマーとして活動を開始。
  • 結城梨沙 with JUSTICE、FLAME、REALIZE、LISZT、抱きしめたい☆、La-Vie、Blaw job Silver、しばあみgood-cool、EXcellent〜Destinyなどのアーティストのサポートドラマーをつとめる傍ら、ハウスバンドのドラマーや音楽学校の客員講師としても活動。
  • 芸能事務所に所属し、俳優としてVシネマやテレビドラマ、CM等に出演。雑誌モデル(ファッション誌ではない)としても活動していた。
  • 1999年、矢沢永吉LOTTA GOOD TIME ツアー(武道館5DAYS)にバックダンサーとして参加。
  • 2005年、野口五郎のプロデュースするバンドWelsh BluesCPに正式加入。
  • 2006年、俳優の杉本哲太率いるロックバンド紅麗威甦の復活ライブにサポートドラマーとして参加。
  • 2007年、元横浜銀蝿一家の紅麗威甦のLeer(リー)とMitz(ミッツ)、森一馬矢吹薫らと共に、ロックバンド抱きしめたい☆を結成。横浜銀蝿TAKU(Bass)、元ブレインウォッシュバンドの上田茂(Vocal)、上田宏(Guitar)、JUNBANDの松本JUN(Guitar)らで結成されたロックバンドBURNING BRAIN WASH BAND-PHOENIXにも正式メンバーとして参加。東名阪ツアーを行う。
  • 2008年、横浜銀蝿TAKU(Bass)、松本JUN(Guitar)で構成されるイーセットに参加。
  • 2009年、元チェリーボーイズのTOMMY(Vocal)率いるCHERRY BOYS GREATに参加。  横浜銀蝿 &TAKUツアーに参加。  矢吹薫復活ライブにサポートドラマーとして参加。
  • 2011年、従来からの活動に加え、作詞・作曲家、音楽プロデューサーとして、映画音楽の楽曲制作等にも携わる。  フジテレビ系列の番組百識王の麻婆豆腐の回に激辛ドラマー涼として出演。
  • 2012年、岩松 顯 監督『幸福な結末』の主題歌をプロデュース。作品中のBGMの一部も担当した。
  • 2013年、シアタークリエにおいて、オフ・ブロードウェイミュージカル『Zanna, Don't!』(邦題:『ZANNA ザナ ~a musical fairy tale~』)の日本初演にドラマーとして参加。
  • 2014年、織田かおり紅麗威小原慶子のサポートドラマーを務める傍、自己のバンドMORIYU-BANDを中心に活動。
  • 2016年、読売テレビ系列のテレビ番組『ワケあり!レッドゾーン』に麻婆豆腐を食べてトランス状態に陥るドラマーとして出演。 ロックバンド『めちゃめちゃトランクス』に加入しメジャーデビュー。
  • 2017年、横浜銀蝿関連のアーティスト、湘南銀蝿、嵐ちゃんとペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド、紅麗威麗灑他、数々のアーティストのサポートドラマーとして、ライブやレコーディングに参加。  TBS系列のテレビ番組『マツコの知らない世界』の麻婆豆腐の回に出演。
  • 2019年 7月、ぴあMOOKの雑誌『餃子炒飯麻婆豆腐のうまい店 首都圏版』に麻婆豆腐の達人として登場。 オリジナル高級唐辛子『七海涼辛子』をプロデュース。

外部リンク[編集]