DART (探査機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DART
Dart header 2 (1).jpg
ディディモスと衛星ディモルフォスへ接近するDARTの想像図
所属 NASAJHUAPL
公式ページ DART
状態 進行中
目的 小惑星の軌道変更実験
打上げ場所 ヴァンデンバーグ空軍基地
打上げ機 ファルコン9
打上げ日時 2021年11月24日
最接近日 2022年9月 (予定)
衝突日 2022年9月26日 (予定)
物理的特長
本体寸法 1.2m × 1.2m × 1.3m
最大寸法 12.5m(ソーラーパネル展開幅)
質量 500kg
主な推進器 キセノンイオンエンジン NEXT-C
観測機器
DRACO 口径208mm望遠カメラ
テンプレートを表示

DARTDouble Asteroid Redirection Test:ダート)はアメリカ航空宇宙局(NASA)によって計画されている、小惑星が地球に衝突するリスクに備え、宇宙機を衝突させて小惑星の軌道偏向を実験するミッションである。2021年11月24日[1] に打ち上げられ、2022年10月に目標の小惑星(65803) ディディモス に到達予定。

概要[編集]

DARTの軌道
      DART ·       (65803) ディディモス ·       地球 ·       太陽 ·       2001 CB21 ·       (3361) オルフェウス

地球に衝突し重大な災害を生じる可能性がある地球近傍天体は、その大きさが140m以上のものに限っても25,000個が存在すると推定されており[2]、 NASAは2016年に地球防衛調整局(Planetary Defense Coordination Office)を新設し、小惑星の検出と脅威評価およびその対策の検討に当たっている。現在そのプログラムのひとつとして進められているDARTは、宇宙機を小惑星に衝突させてその軌道偏向が可能であることを実証する史上初のミッションである。NASAの支援を受けたジョンズ・ホプキンズ大学応用物理学研究所(JHUAPL)によって設計と製造が行われており、2018年8月にNASAの承認を得て最終設計と組立段階に移行した[3]

ファルコン9によって打ち上げられたDARTは、キセノンガスを推進剤とするソーラー電気推進により約16ヵ月で二重小惑星ディディモスに到達する予定。ギリシャ語で「双子」を意味するディディモスは直径800 mの主星ディディモスと1.18 kmの距離をおいてそれを周回する直径150~170 mの衛星ディモルフォス英語版からなり、DARTはディディムーン(Didymoon)と非公式に呼ばれるディモーフォスを標的として自律誘導を行い相対速度秒速6kmで直撃する。2022年10月7日を予定する衝突の時点で地球とのディディモスの距離は1,100万キロメートルで、DARTの質量500kgの衝突によるディモーフォスの周回速度の変化と軌道の偏向は、地球上の望遠鏡から観測出来ると考えられている。

またDARTはイタリア宇宙機関(ASI)の提供による小型の宇宙機LICIACubeを搭載し、DART本体の小惑星衝突前にこれを分離してディモーフォスに衝突クレーターが生成される瞬間の撮影に使用する。

衝突実験を行う小惑星の衛星、ディモルフォスは、当初はディディモスbと呼ばれていたが、DART計画に関わるアリストテレス大学の研究者が提案した「二つの形態」を意味するディモーフォスに変更された。意味としては、衝突実験により軌道が変化し、二つの形態を見せることが込められている[4]

AIDA計画[編集]

国際協力の枠組みとしては、DARTは2011年に開始されたアメリカ航空宇宙局(NASA)とヨーロッパ宇宙機関(ESA)の共同計画Asteroid Impact and Deflection Assessment (AIDA)を構成する2基の宇宙機の1基である。NASAのDARTが2022年にディモーフォスへの衝突実験を行った後、2023年に打ち上げるESAの探査機Heraが2026年にディディモスへ到着し、DARTの衝突クレーターを詳細に観測する計画となっている[5]。当初はESAが担当する大型の探査機AIMが先行して打ち上げられ、NASAの担当するキネティック・インパクト実験を小惑星周回軌道から観測する構想であったが、その後AIMはキャンセルされ、衝突実験の観測は地上の望遠鏡を使用して行われることとなった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献・外部リンク[編集]