D12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
D12
D12 at the Anger Management Tour in 2005.jpg
2005年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デトロイト
ジャンル ヒップホップ
活動期間 1990年 -
レーベル シェイディ・レコード/インタースコープ・レコード
公式サイト http://www.d12online.com
メンバー エミネムビザール、スウィフト、コン・アーティス、クナイヴァ、ファズ・スクータ
旧メンバー プルーフ

D12(ディートゥウェルブ又はダーティーダズン)は、アメリカ合衆国デトロイトを中心に活動する6人組ヒップホップユニット。人気白人ラッパーであるエミネムもメンバーの一人で、ソロアーティストとしての彼の人気の後押しも受けて日本でも人気を博している。

エミネム以外のメンバーは、ビザールスウィフトコン・アーティスクナイヴァファズ・スクータという5人の黒人MC。いずれも日本ではエミネムほどのネームバリューこそ無いものの、デトロイトのヒップホップシーンでは名の通った実力者たちである。特徴的なクルー名の由来は、6人のメンバーがそれぞれ別人格を持つ(6人×2=ダーティーな12人)というコンセプトによるもの。これはかつてクルーの中心的存在であった、プルーフによって考案されたものである。「Slim Shady(=エミネム)」「Denaun Porter(=コン・アーティス)」などが有名。これらのネーミングは、専らプロデューサーとしてのクレジットネームとして用いられている(ただしエミネムの「Slim Shady」に限っては、曲中のリリックとしても頻繁に登場する)。またD12の「D」は彼らの本拠地であるデトロイト(Detroit)と「Dirty」(ここではイカシてる、などの意味で使われており、否定的なニュアンスは無い)の頭文字である。

6人全員が同時に参加する楽曲は意外に少なく、「40 Oz.」「How Come」「Git Up」などは代表的な人気楽曲でありながら、ラップで参加しているのはそれぞれ3,4人程度にとどまっている。エミネムはソロでの活動も多いため、彼を除いたメンバーで活動することも。また2006年4月11日未明には、デトロイト市内のナイトクラブにおいて、プルーフが口論の末、銃撃によって死亡する事件が発生。その後活動停止を経て、約5年間にわたって残る5人での活動が続いた。

2011年4月12日、ミックステープ「Return of the Dozen」のリリースに合わせて、グループの黎明期にレコーディングなどに参加していたMC、ファズ・スクータが新メンバーとして加入することが発表された。

2014年発売の、エミネム主催レーベル、シェイディ・レコードのコンピレーション・アルバム「Shady XV」には、およそ10年ぶりの公式音源となる「Bane」が収録されている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[1]
AUS
[2]
BEL
[3]
CAN
[1]
GER
[4]
NZ
[5]
SWE
[6]
SWI
[7]
UK
[8]
2001 Devil's Night 1 4 5 1 5 4 9 7 2
2004 D12 World
  • 発売日: 2004年4月27日[15]
  • レーベル: Interscope, Shady
  • フォーマット: CD, cassette, LP, digital download
  • 全米売上: 50万枚[16]
1 2 9 1 2 1 6 3 1

備考[編集]

  • D12のメンバーは全員、無名時代にフリースタイルバトルで知り合った間柄。D12自体は自然発生的に生まれたものであるため、「エミネムが結成したクルー」と言う説明は誤りである。
  • 「誰かがラップゲームで成功したら、そいつが他のメンバーをメジャーに連れて行く」という結成時の約束があり、エミネムの「Lose Yourself」がスマッシュヒットしたことにより、晴れてD12もデビューとなった。ただし、クルーとしてのデビュー前にエミネムオービー・トライスがあまりにも売れすぎたため、他のメンバー達が(実際には彼に劣らないスキルとキャリアを持つにもかかわらず)「無名の新人」と言う不遇な扱いを世間から受けているのも事実。日本でも流行した「My Band」は、こうした風潮を逆手に取った曲である。
  • 似たようなコンセプトのクルーに、ネリーが参加するセントルナティックスがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Album charts on Billboard”. Allmusic. Macrovision. 2009年7月9日閲覧。
  2. ^ D12 discography in Australia”. australian-charts.com. 2009年6月19日閲覧。 and The ARIA Report – Issue 584 (PDF)”. Australian Recording Industry Association (ARIA). 2009年6月19日閲覧。
  3. ^ D12 discography in Belgium”. ultratop.be. 2009年7月9日閲覧。
  4. ^ Chartverfolgung / D12 / Longplay” (German). Musicline.de. 2009年7月9日閲覧。
  5. ^ D12 discography in New Zealand”. Charts.org.nz. 2009年7月9日閲覧。
  6. ^ D12 discography in Sweden”. SwedishCharts.com. 2009年7月9日閲覧。
  7. ^ D12 discography in Switzerland” (German). HitParade.ch. 2009年7月9日閲覧。
  8. ^ D12 discography in United Kingdom”. 2009年7月9日閲覧。
  9. ^ Devil's Night”. Allmusic. Macrovision. 2009年7月9日閲覧。
  10. ^ a b c D12 searchable database”. Recording Industry Association of America. 2007年12月22日閲覧。
  11. ^ ARIA Certification 2001”. Australian Recording Industry Association (ARIA). 2010年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月9日閲覧。
  12. ^ Searchable Database”. Music Canada. 2013年5月21日閲覧。
  13. ^ CRIA Certification search database”. Canadian Recording Industry Association (CRIA). 2009年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月9日閲覧。
  14. ^ UK Certifications.To find, search by title "Night" is on page3”. 2009年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年9月24日閲覧。
  15. ^ D12 World”. Allmusic. Macrovision. 2009年7月9日閲覧。
  16. ^ Jones, Alan (2013年11月11日). “Official Charts Analysis: Eminem LP sells 157k in week one”. Music Week (Intent Media). http://www.musicweek.com/businessanalysis/read/official-charts-analysis-eminem-lp-sells-157k-in-week-one/056685 2015年11月6日閲覧。 
  17. ^ ARIA Certification 2004”. Australian Recording Industry Association (ARIA). 2008年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月9日閲覧。
  18. ^ "Gold-/Platin-Datenbank (D12)" (German). Bundesverband Musikindustrie. 2010年7月14日閲覧. 
  19. ^ 一般社団法人 日本レコード協会|各種統計
  20. ^ RIANZ certification”. Recording Industry Association of New Zealand (RIANZ). 2007年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月9日閲覧。
  21. ^ certified awards search”. British Phonographic Industry. 2009年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月18日閲覧。