AMD FX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FX
生産時期 2011年から
販売者 AMD
設計者 AMD
CPU周波数 2.8 GHz から 4.7(Turbo 5.0) GHz
プロセスルール 32nm
マイクロアーキテクチャ Bulldozer
コア数 4・6・8
ソケット Socket AM3+
コードネーム Zambezi
Vishera
テンプレートを表示

AMD FX(エフエックス)は、AMDx86系Bulldozerアーキテクチャのマイクロプロセッサ

概要[編集]

32nm SOIを用いて開発されている。前のPhenom IIの45nm SOIに比べ劣るものの小さなコアで多コアを実現できるとして開発された[1]。ただし、これは後述する簡略化によって達成されている。

2基の整数演算ユニットが1基の浮動小数点演算ユニットを共有する構成になっているため、Phenom II X6やインテルCPUに比べ、浮動小数点演算に劣るとの評がある。[2]

登場までの経緯[編集]

FXは新しく開発されたBulldozer (マイクロアーキテクチャ)を採用したCPUである。世界初の4モジュール8コアプロセッサーの触れ込みで発売された[3]。現在の最新モデルはFX 9590である。


登場から現在まで[編集]

Phenom IIと比べ、簡略化のため整数演算等のシステムを変えたことによりコアごとのパフォーマンスが劣ることにより見劣りするとの評が出ている[4][5]。これは開発者が語っている通り、デュアルコア以上動作のソフトに対するモノによるもので、Phenom IIとFXのCPUとソフトウェアの関係に対するアプローチの違いに拠っている。また、開発者側はCPUの進化が早くソフトウェア側が追いついていないとも、容易にFXに最適化された環境がすぐには整わないとも語っている。しかし、簡略化は容易な性能アップ方法のクロックアップが出来ると主張されている[6]。その他はTDPが上がり気味だったAMD CPUであるが、Phenom IIの第1世代Turbo COREに対し、改良された第2世代でクロックアップが容易になったとされている[7]

これらの状況に対してAMD側はマイクロソフトに働きかけ、浮動小数点演算ユニットに対する共有時におけるクセの改善のため、Windows 7でFXに対応するパッチを公開した。後継のWindows 8では初めから組み込まれている。

パッチの内容はBulldozer (マイクロアーキテクチャ)を参照の事。


ラインナップ[編集]

8コア(4モジュール)のFX-8xxxシリーズ、6コア(3モジュール)のFX-6xxxシリーズ、4コア(2モジュール)のFX-4xxxシリーズの製品が発売される。これらとは別にサーバ向けとして Bulldozer ベースの Opteron(16コアモデルなど) も販売を開始している。


Bulldozer[編集]

  • MMX, SSE1 - 2 - 3 - 3s - 4.1 - 4.2 - 4a, AES, AVX, FMA4, XOP, AMD64, VT, EVP, Turbo Core 2.0
モデル 動作周波数
(GHz)
All Core Turbo
(GHz)
Max Turbo
(GHz)
L2 キャッシュ
(MB)
L3 キャッシュ
(MB)
ソケット 製造プロセス TDP
(W)
発売時期
FX-8xxxシリーズ(4モジュール/8コア  Bulldozer)
FX-8170 3.9 - 4.5 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 140 発売中止
FX-8150 3.6 3.9 4.2 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 125 2011年11月4日
FX-8120 3.1 3.4 4.0 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 125 2011年11月4日
FX-8100 2.8 3.1 3.7 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 95 2011年Q4
FX-6xxxシリーズ(3モジュール/6コア  Bulldozer)
FX-6200 3.8 - 4.1 2.0 x 3 8.0 AM3+ 32nmSOI 125 2012年Q1
FX-6120 3.6 - 4.2 2.0 x 3 8.0 AM3+ 32nmSOI 95 2012年Q1
FX-6100 3.3 3.6 3.9 2.0 x 3 8.0 AM3+ 32nmSOI 95 2011年Q4
FX-4xxxシリーズ(2モジュール/4コア  Bulldozer)
FX-4170 4.2 - 4.3 2.0 x 2 8.0 AM3+ 32nmSOI 125 2012年Q1
FX-B4150 3.8 3.9 4.0 2.0 x 2 8.0 AM3+ 32nmSOI 95 2011年Q4
FX-4100 3.6 3.7 3.8 2.0 x 2 8.0 AM3+ 32nmSOI 95 2011年Q4

Piledriver[編集]

  • MMX, Extensions to MMX, SSE1 - 2 - 3 - 3s - 4.1 - 4.2 - 4a, AES, AVX, BMI1, FMA3, FMA4, F16C, TBM, XOP, AMD64, VT, EVP, Turbo Core 3.0
モデル 動作周波数
(GHz)
All Core Turbo
(GHz)
Max Turbo
(GHz)
L2 キャッシュ
(MB)
L3 キャッシュ
(MB)
ソケット 製造プロセス TDP
(W)
発売時期
FX-9xxxシリーズ(4モジュール/8コア  Piledriver)
FX-9590 4.7 - 5.0 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 220 2013年6月11日
FX-9370 4.4 - 4.7 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 220 2013年6月11日
FX-8xxxシリーズ(4モジュール/8コア  Piledriver)
FX-8370 4.0 - 4.3 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 125 2014年09月02日
FX-8350 4.0 4.1 4.2 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 125 2012年10月23日
FX-8320 3.5 3.8 4.0 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 125 2012年11月10日
FX-8310 3.4 3.6 4.3 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 125 未定
FX-8300 3.3 3.8 4.2 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 95 2012年12月29日[8]
FX-8xxxシリーズ省電力版(4モジュール/8コア  Piledriver)
FX-8370E 3.3 3.6 4.3 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 95 2014年09月02日
FX-8320E 3.2 3.5 4.0 2.0 x 4 8.0 AM3+ 32nmSOI 95 2014年09月02日
FX-6xxxシリーズ(3モジュール/6コア  Piledriver)
FX-6350 3.9 - 4.2 2.0 x 3 8.0 AM3+ 32nmSOI 125 2013年04月30日
FX-6300 3.5 3.8 4.1 2.0 x 3 8.0 AM3+ 32nmSOI 95 2012年11月10日
FX-4xxxシリーズ(2モジュール/4コア  Piledriver)
FX-4350 4.2 - 4.3 2.0 x 2 8.0 AM3+ 32nmSOI 125 2013年04月30日
FX-4320 4.0 4.1 4.2 2.0 x 2 4.0 AM3+ 32nmSOI 95 未定
FX-4300 3.8 - 4.0 2.0 x 2 4.0 AM3+ 32nmSOI 95 2012年10月27日

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ AMD FXの性能が発揮されない理由をAMD担当者に聞く。性能向上のカギはOSやソフトウェアの最適化か 2013年3月20日閲覧
  2. ^ Piledriver世代のAMD FXは,競合と戦えるようになったか 2013年3月20日閲覧
  3. ^ 一般ユーザー用としてである。FXが登場する以前に8コア以上はすでにサーバー用のOpteronシリーズが存在する。
  4. ^ AMD FXの性能が発揮されない理由をAMD担当者に聞く。性能向上のカギはOSやソフトウェアの最適化か 2013年3月20日閲覧
  5. ^ Bulldozer世代の8コアCPU「AMD FX」"Zambezi"徹底攻略 - 性能ベンチマーク編 2013年3月20日閲覧
  6. ^ AMD,Bulldozerアーキテクチャ採用の新世代CPU「FX」を正式発表。発売は10月下旬以降に 2013年3月20日閲覧
  7. ^ 「AMD FX」の謎を探る基礎検証レポート。FXはなぜ「ゲーマー向けでない」のか 2013年3月20日閲覧
  8. ^ 発売されているが、なぜか公式HPではアナウンスされていない