Athlon II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Athlon II
AMD Athlon II X4 630 1.jpg
Athlon II X4 630
生産時期 2009年から2011年まで
販売者 AMD
設計者 AMD
生産者 GLOBALFOUNDRIES
CPU周波数 2.2 GHz から 3.3 GHz
HyperTransport帯域 4.0 GT/s
プロセスルール 45nm
命令セット AMD64
MMX, Extended 3DNow!
SSE, SSE2, SSE3, SSE4a
マイクロアーキテクチャ K10
コア数 2・3・4
ソケット Socket AM2+
Socket AM3
Socket FM1
Socket FM2
コードネーム Propus
Rana
Regor
Llano
Trinity
Richland
テンプレートを表示

Athlon II(アスロン ツー)は、AMDK10 マイクロアーキテクチャマイクロプロセッサ

概要[編集]

Athlon IIPhenom II をベースに作られているが、L3 キャッシュを搭載していない [1] 。 そのため、同周波数の Phenom II より処理能力は低下するものの、発熱と消費電力が軽減されている。

Athlon II では、デュアルコア CPU の Athlon II X2 の他、Athlon ブランド初となるクアッドコア CPU の Athlon II X4、トリプルコア CPU の Athlon II X3 が発表・発売されている。

そのほか、Fusion APUのコアからGPUを無効化した、Socket FM1版のAthlon IIやSocket FM2版のAthlonが存在する。Fusion APUと異なりGPUが搭載されていないため、使用するにはSocket FM1(またはSocket FM2)のマザーボードにビデオカードが必須となり、マザーボード上のモニター接続端子は使用できない。Athlonの名を冠しており、モデルナンバーもPropusコア製品からの続番だが、内部構造は大幅に異なる別のCPUといえる。

また、Athlon II の名を冠するモバイル向けプロセッサとして Athlon II Dual-Core Processors for Notebook PCs がある。 モバイル向けプロセッサに関しては Turion II の項を参照のこと。

仕様[編集]

Athlon II X4[編集]

Propus
  • 製造プロセスルール: 45nm SOI
  • L1 キャッシュ: 64 KiB 各コア独立
  • L2 キャッシュ: 512 KiB 各コア独立
  • 対応ソケット: Socket AM2+/Socket AM3

Athlon II X3[編集]

Rana
  • 製造プロセスルール: 45nm SOI
  • L1 キャッシュ: 64 KiB 各コア独立
  • L2 キャッシュ: 512 KiB 各コア独立
  • 対応ソケット: Socket AM2+/Socket AM3

Athlon II X2[編集]

Regor
  • 製造プロセスルール: 45nm SOI
  • L1 キャッシュ: 64 KiB 各コア独立
  • L2 キャッシュ: 1024 KiB 各コア独立
  • 対応ソケット: Socket AM2+/Socket AM3

Athlon II X4 (Socket FM1)[編集]

Llano
  • 製造プロセスルール: 32nm SOI
  • L1 キャッシュ: 64 KiB 各コア独立
  • L2 キャッシュ: 1024 KiB 各コア独立
  • 対応ソケット: Socket FM1

X4だけでなくX2やSempronの名を冠した製品も存在する。

Athlon X4 (Socket FM2)[編集]

Trinity、Richland
  • 製造プロセスルール: 32nm SOI
  • L1 キャッシュ:
  • L2 キャッシュ: 2MB×2、1MB
  • 対応ソケット: Socket FM2

X4だけでなくX2の製品も存在する。


Propus世代、Rana世代、Regar世代のTDPの値は、

AthlonⅡ 《X4 645,640》《X3 455,450、445》が95W

AthlonⅡ 《X2 265,260,255,250,240,220,215》が65W

AthlonⅡ 《X4 615e,610e,605e,600e》《X3 420e,415e,405e,400e》《X2 250e,245e,240e,235e》が45W


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただしX4 620とX4 630にはPropusコアプロセスではなくL3キャッシュが搭載されている (無効化されている) Deneb コアのプロセスで製造されている製品が混在していると、当時 AMD 日本マーケティング本部に在籍していた 「兄貴」 のブログにも記されていた。 ちなみに、Deneb コア Athlon II の流通量や仕向け地は公表されておらず、また、もし Deneb コアが見つかったとしても、この L3 キャッシュの有効化はできないともアナウンスされている。

外部リンク[編集]