Excavator (マイクロアーキテクチャ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Excavator
生産時期 2015年から
販売者 AMD
設計者 AMD
生産者 GLOBALFOUNDRIES
プロセスルール 28nm[1]
命令セット AMD64 (x86-64)
コア数 4
ソケット Socket FM2+
コードネーム Carrizo(メインストリームAPU)
テンプレートを表示

Excavator(エクスカベーター)とは、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(以下AMDと略)によって開発されたマイクロアーキテクチャである。Steamrollerの後継となるAccelerated Processing Unit (APU) に使うためにAMDによって開発された。AMDはExcavatorが第4世代のBulldozer派生コアのコードネームとなることを明らかにした。

Excavatorベースのメインストリーム向けAPUは『Carrizo(カリーゾ)』というコードネームで、2015年にリリースされた[2][3]。 CarrizoのAPUはHSA英語版 1.0に対応するように設計されている[4]。 Excavatorベースのサーバーおよびエンタープライズ向けのAPUやCPUは『Toronto(トロント)』というコードネームでリリースされた[5]

アーキテクチャ[編集]

ExcavatorはAVX2, BMI2, RdRandのような新しい命令をサポートする[6]。ExcavatorはまたDDR3およびDDR4メモリコントローラーを採用する予定だが、同じダイ上に設けられるのか、それとも相互排他的かは現在不明である[1]。Excavatorは電力消費とダイサイズを削減するために、普通はGPUに使われるような「High-Densityライブラリ」(Thinライブラリ)を用いて設計された。これにより30%のエネルギー消費効率の向上がもたらされた[7]。Excavatorは以前のSteamrollerに比べて最大15%多くのIPC (instructions per clock; クロックあたりの命令数) を処理できる[8]

出典[編集]

関連項目[編集]