AFCユース選手権1960

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1960 AFCユース選手権
大会概要
開催国 マラヤ連邦の旗 マラヤ連邦
日程 3月30日 - 4月7日
チーム数 8
大会結果
優勝  韓国 (2回目)
準優勝  マラヤ
3位  日本
4位  インドネシア
1959
1961

AFCユース選手権1960は、1960年マラヤ連邦で開催された第2回目のAFCユース選手権(現・AFC U-19選手権)である。3月30日から4月7日にかけて開催され、韓国代表が2回目の優勝を果たした。

参加チーム[編集]

この大会に参加したのは以下のチームである:

グループステージ[編集]

グループA[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 マラヤ 3 3 0 0 16 2 +14 6
 日本 3 1 1 1 7 9 –2 3
 ビルマ 3 1 0 2 10 7 +3 2
 フィリピン 3 0 1 2 3 18 –15 1




1960年4月5日
マラヤ  5 – 1  日本
Ahmad Taufik 7分にゴール 7分52分
Hamid Ghani 21分にゴール 21分
Robert Choe 63分にゴール 63分68分
杉山隆一 26分にゴール 26分 (pen)

1960年4月6日
ビルマ  7 – 1  フィリピン
Hla Tay 2分にゴール 2分
Tin Aung Tua 17分にゴール 17分21分37分50分60分
Hla Kyi 46分にゴール 46分
Romeo Jaranilla 48分にゴール 48分

グループB[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 韓国 3 3 0 0 12 4 +8 6
 インドネシア 3 2 0 1 14 7 +7 4
 タイ 3 1 0 2 4 9 –5 2
 シンガポール 3 0 0 3 6 16 –10 0


1960年3月30日
インドネシア  9 – 3  シンガポール
Soetjipto Soentoro 1分にゴール 1分78分
Dirhamsjah 9分にゴール 9分28分49分80分
Manan 30分にゴール 30分
Zulkifli 47分にゴール 47分60分
Chew Seng Thum 34分にゴール 34分
Lee Teng Yee 55分にゴール 55分 (pen)
Quah Kim Siak 74分にゴール 74分





3位決定戦[編集]

日本:
GK ' 渡辺孫之輔
CB ' 柴田和夫
CB ' 大西忠生
RH ' 鈴木秀利
CH ' 向山正彦
LH ' 清水曙
OR ' 川瀬隆弘
IR ' 桑田隆幸
CF ' 松本育夫
IL ' 杉山隆一
OL ' 守屋忠
インドネシア:
GK ' Hardi Purnomo
CB ' Nani Djaelani
CB ' Hantoro
RH ' Rasjid Dahlan
CH ' Ishak Udin
LH ' Idris Mapakajja
OR ' Dzulkifli
IR ' Manan
CF ' Soetjipto Soentoro
IL ' Parhim
OL ' Sobari

決勝[編集]

1960年4月7日 (1960-04-07)
マラヤ  0 – 4  韓国
Chung Soon-Chung 1分にゴール 1分
趙潤玉 7分にゴール 7分10分
Cha Kyung-Bok 30分にゴール 30分 (pen)
マラヤ連邦:
GK ' Teh Cheng Lee
CB ' Yee Seng Choy
CB ' Abdullah Noordin
RH ' Radzi Sheikh Ahmad
CH ' Roslan Buang
LH ' Namasivayam
OR ' Abdullah Dollah
IR ' Ong Huck Siang
CF ' Robert Choe
IL ' Hamid Ghani
OL ' Ahmad Taufik
韓国:
GK ' Lim Chang-Soo
CB ' Park Tong-Kwan
CB ' Kim Young-Bai
RH ' Lee Rak-Won
CH ' Kim Seon-Hwi
LH ' Choi Young-Too
OR ' Chung Soon-Chung
IR ' Lee Young-Kun
CF ' Cha Kyung-Bok
IL ' 趙潤玉
OL ' Kim Duk-Joong
 1960 AFCユース選手権 

韓国
2回目

得点ランキング[編集]

7ゴール
6ゴール
  • マラヤ連邦 Robert Choe
5ゴール
4ゴール
  • インドネシア Dirhamsjah
3ゴール
2ゴール
  • ビルマ Hla Tay
  • インドネシア Dzulkifli
  • インドネシア Manan
  • インドネシア Zulkifli
  • 日本 松本育夫
  • 日本 川瀬隆弘
  • フィリピン Romeo Jaranilla
  • シンガポール Quah Kim Siak
1ゴール
  • ビルマ Hla Kyi
  • ビルマ Tin Win
  • ビルマ Toe Aung
  • インドネシア Sobari
  • 大韓民国 Kim Duk-Joong
  • マラヤ連邦 Ahmad Dollah
  • マラヤ連邦 Radzi Sheikh Ahmad
  • フィリピン Benjamin Chen
  • シンガポール Lee Teng Yee
  • タイ王国 N.K Chalor

参考文献[編集]