AFCユース選手権1976

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1976 AFCユース選手権
大会概要
開催国 タイ王国の旗 タイ
日程 4月21日 - 5月8日
チーム数 15
大会結果
優勝  イラン
 北朝鮮
(両チーム優勝)
3位  韓国
4位  タイ
1975
1977

AFCユース選手権1976は、1976年タイ王国バンコクで開催された第18回目のAFCユース選手権(現・AFC U-19選手権)である。4月21日から5月8日にかけて開催され、イラン代表朝鮮民主主義人民共和国代表が両チーム優勝し、イランは4回目、朝鮮民主主義人民共和国は初優勝を果たした。

参加チーム[編集]

この大会に参加したのは以下のチームである:

ブルネイは棄権した。

グループステージ[編集]

グループA[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 イラン 3 3 0 0 5 0 +5 6
 韓国 3 1 1 1 5 2 +3 3
 インド 3 1 1 1 4 3 +1 3
 マレーシア 3 0 0 3 0 9 –9 0


4月21日 韓国  4–0  マレーシア
4月23日 イラン  2–0  インド
4月25日 イラン  2–0  マレーシア
4月26日 インド  1–1  韓国
4月29日 インド  3–0  マレーシア
イラン  1–0  韓国

グループB[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 インドネシア 3 1 2 0 5 2 +3 4
 中国 3 1 2 0 7 5 +2 4
 クウェート 3 0 3 0 6 6 0 3
 シンガポール 3 0 1 2 3 8 –5 1


4月22日 中国  1–1  インドネシア
クウェート  2–2  シンガポール
4月24日 中国  3–1  シンガポール
4月25日 インドネシア  1–1  クウェート
4月27日 インドネシア  3–0  シンガポール
中国  3–3  クウェート

グループC[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 北朝鮮 2 0 2 0 2 2 0 2
 日本 2 0 2 0 1 1 0 2
 タイ 2 0 2 0 1 1 0 2


20 April 日本  0–0  タイ
4月23日 日本  1–1  北朝鮮
4月26日 北朝鮮  1–1  タイ

順位決定戦[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 タイ 2 1 0 1 3 2 +1 2
 北朝鮮 2 1 0 1 2 1 +1 2
 日本 2 1 0 1 1 3 –2 2


4月28日 北朝鮮  0–1  日本
4月30日 タイ  3–0  日本
5月2日 北朝鮮  2–0  タイ

グループD[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 イラク 3 3 0 0 12 0 +12 6
 ビルマ 3 2 0 1 11 3 +8 4
 香港 3 1 0 2 2 11 –9 2
 スリランカ 3 0 0 3 2 13 –11 0


4月21日 イラク  5–0  スリランカ
ビルマ  5–0  香港
4月24日 ビルマ  6–1  スリランカ
香港  0–5  イラク
4月27日 香港  2–1  スリランカ
4月28日 ビルマ  0–2  イラク

準々決勝[編集]

1976年5月3日 (1976-05-03)
イラン  3 – 0  中国

1976年5月3日 (1976-05-03)
韓国  1 – 0  インドネシア

1976年5月4日 (1976-05-04)
タイ  1 – 0  ビルマ

1976年5月4日 (1976-05-04)
北朝鮮  1 – 1  イラク
  PK戦  
4 – 2

準決勝[編集]

1976年5月6日 (1976-05-06)
イラン  3 – 2  タイ

1976年5月6日 (1976-05-06)
北朝鮮  1 – 0  韓国

3位決定戦[編集]

1976年5月8日 (1976-05-08)
韓国  2 – 1  タイ

決勝[編集]

1976年5月8日 (1976-05-08)
イラン  0 – 0
両チーム優勝
 北朝鮮
 1976 AFCユース選手権 

イラン
4回目
 1976 AFCユース選手権 

北朝鮮
初優勝

参考文献[編集]