リボース-5-リン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Sq_crown (会話 | 投稿記録) による 2018年7月7日 (土) 01:53個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
リボース-5-リン酸
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 3615-55-2
PubChem 230
MeSH ribose-5-phosphate
特性
化学式 C5H11O8P
モル質量 230.110
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

リボース-5-リン酸(リボース-5-リンさん、: Ribose 5-phosphate, R5P)は、ペントースリン酸経路で作られる中間体の一つ。

概要

リボース-5-リン酸イソメラーゼによってリブロース-5-リン酸から作られ、トランスケトラーゼによってセドヘプツロース-7-リン酸グリセルアルデヒド-3-リン酸フルクトース-6-リン酸に変換される。このうち、グリセルアルデヒド-3-リン酸とフルクトース-6-リン酸は解糖系の中間生成物でもある。また、リボースリン酸ジホスホキナーゼによってホスホリボシル二リン酸に転換される。

関連項目