アルドラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アルドラーゼ (Aldolase)とは、嫌気性解糖系酵素

説明[編集]

アルドラーゼは嫌気性解糖系酵素で、分子量約4万のサブユニットα,β,γからなる。四量体であり、α4,β4,γ4の3種類のアイソザイムがあり,それぞれ筋(A)型,肝(B)型,脳(C)型と呼ばれている。これらは別々の遺伝子によってコードされており,A型は第16(q22-24), B型は第9(q21.3-22.3), C型は第17染色体上にある。 フルクトース-1,6-二リン酸を切断し、ジヒドロキシアセトンリン酸(DHAP) とグリセルアルデヒド3リン酸 (GAP)が一分子ずつ生成される[1]。この反応は可逆性である。
3つのアイソザイムのうちA型は骨格筋,心筋,,胎児組織,癌細胞に,B型は,,小腸上皮に,C型は神経系に多くみられる。

脚注[編集]