3-ホスホグリセリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
3-ホスホグリセリン酸
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 820-11-1, 3443-58-1
PubChem 439183
日化辞番号 J40.061K
J7.119F
KEGG C00197
特性
化学式 C3H7O7P
モル質量 186.06 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

3-ホスホグリセリン酸(3-ホスホグリセリンさん、Glycerate 3-phosphate)は生化学的に重要な、3つの炭素からなる有機化合物の一つで、解糖系カルビン回路代謝中間体となる。3-ホスホグリセリン酸は、6つの炭素からなる不安定な中間体が分割されて生成する。

解糖系[編集]

1,3-ビスホスホグリセリン酸 3-ホスホグリセリン酸 2-ホスホグリセリン酸

カルビン回路[編集]

カルビン回路では、2分子の3-ホスホグリセリン酸が還元され、グリセルアルデヒド-3-リン酸を生成する。これは、カルビン回路で初めての、3つの炭素からなる化合物である。

アミノ酸合成[編集]

3-ホスホグリセリン酸はセリン生合成の前駆体となる。またセリンはホモシステイン回路でシステイングリシンの前駆体となる。