2020 QG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020 QG
2020 QGは2020年8月16日にZwicky Transient Facilityによって一筋の光として撮影された。
2020 QGは2020年8月16日にZwicky Transient Facilityによって一筋の光として撮影された。
分類 アポロ群
地球近傍小惑星[1]
軌道の種類 周回軌道
発見
発見日 2020年8月16日[1][2]
発見者 Zwicky Transient Facility
発見場所 パロマー天文台
軌道要素と性質
元期:2020年5月31日(JD 2459000.5)
軌道の種類 周回軌道[3]
軌道長半径 (a) 1.9448±0.0006 au[3]
近日点距離 (q) 0.99628 au[3]
遠日点距離 (Q) 2.8933±0.0009 au[3]
離心率 (e) 0.48772±0.0002[3]
公転周期 (P) 990.64±0.47 [3]
(2.71 [3]
軌道傾斜角 (i) 5.4727±0.004°[3]
近点引数 (ω) 162.01±0.003°[3]
昇交点黄経 (Ω) 143.50°[3]
平均近点角 (M) 337.41±0.011°[3]
物理的性質
平均直径 ~3 m[4]
幾何アルベドを0.17と推定)
2–14 m[4]
アルベドを0.01–0.60と推定)
絶対等級 (H) 29.87±0.25[3]
別名称
別名称
ZTF0DxQ[4]
Template (ノート 解説) ■Project

2020 QG(別名: ZTF0DxQ[4])とは、直径が数 m程度の地球横断小惑星である。アポロ群に属しており、2020年8月16日午前4時9分に地球表面から2,950 km[注 1]の距離にまで接近した[3]。2020年8月16日にパロマー天文台Zwicky Transient Facility(ZIF)によって最も接近した約6時間後に画像が撮影され、後にインド工科大学の学生であるKunal Deshmukhによって確認された。同僚のKritti SharmaとChen-Yen HsuとともにZIFからの画像を分析した[5]

2020 QGは、地球に影響を与えたものを除くと、2011年に接近した2011 CQ1や2020年5月に接近した2020 JJよりも近い距離[注 2]にまで接近し、既知のどの小惑星よりも地球に接近した小惑星となった。絶対等級は29.8で、直径は3–6メートル (10–20ft)であると推定されている[4]。これは、2008 TC32018 LAと同程度の大きさである。

地球に接近した小惑星(地表へ落下するなどの影響が無かったもののみ)
小惑星 日付 地表からの距離 誤差 出典
2020 QG 2020-08-16 2946 km ±20 km データ
2011 CQ1 2011-02-04 5481 km ±5 km データ
2019 UN13 2019-10-31 6242 km ±200 km データ
2008 TS26 2008-10-09 6259 km ±1000 km データ
2004 FU162 2004-03-31 6542 km ±15000 km データ

軌道と分類 [編集]

2020 QGは、公転周期が2.7年(990日)で軌道長半径は約1.9 auである。太陽から最も近づくときは約1.0 auまで近づき、遠ざかるときは約2.9 auまで離れる。軌道離心率は0.49で、黄道に対して5.5°傾いている[3]。2020年8月の地球への接近により、2020 QGの公転周期は990日から964日へと変化した[6]

地球への接近による摂動の影響を受ける前の、2020年5月時点での地球軌道との最小交差距離(Earth MOID)は0.00027 au(40,000 km)であったが[3]、地球最接近の数時間前の時点で0.0001 au(15,000 km)まで近づき、地球への接近による摂動で軌道が変化し、さらに最小交差距離は短くなった[2]

2020 QGの軌道のアニメーション
2020 QGの軌道
(2020年8月16日)
太陽の周囲を公転する地球と2020 QGの軌道
地球への接近
      太陽 ·       地球 ·       2020 QG

脚注 [編集]

注釈[編集]

  1. ^ 地球の中心からだと9,317 ± 20 kmの距離を通り過ぎた。地球の半径は6,371 km。
  2. ^ 2004 FU1622014 LY21も同等の近さにまで地球に接近した可能性があるが、不確実性がある。

出典 [編集]

  1. ^ a b 2020 QG”. Minor Planet Center. International Astronomical Union. 2020年8月17日閲覧。
  2. ^ a b MPEC 2020-Q51 : 2020 QG”. Minor Planet Center. International Astronomical Union (2020年8月17日). 2020年8月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o JPL Small-Body Database Browser: (2020 QG)”. Jet Propulsion Laboratory. 2020年8月18日閲覧。
  4. ^ a b c d e 2020 QG”. NEO Exchange. Las Cumbres Observatory (2020年8月16日). 2020年8月17日閲覧。
  5. ^ Clavin, Whitney (2020年8月18日). “ZTF Finds Closest Known Asteroid to Fly By Earth”. Caltech. 2020年8月18日閲覧。
  6. ^ Horizons output. “Observer Table for Asteroid (2020 QG)”. 2020年8月17日閲覧。 (Ephemeris Type: Elements Center: @sun)

外部リンク[編集]