グリーゼ229

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グリーゼ229
Gliese 229
グリーゼ229AとBの赤外線画像
グリーゼ229AとBの赤外線画像
星座 うさぎ座
視等級 (V) 8.14[1]
変光星型 くじら座UV型[2]
分類 赤色矮星[2]
位置
元期:J2000.0[2]
赤経 (RA, α)  06h 10m 34.6152510171s[2]
赤緯 (Dec, δ) −21° 51′ 52.658021185″[2]
視線速度 (Rv) 4.734 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: -135.985 ミリ秒/[2]
赤緯: -719.088 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 173.6955 ± 0.0457ミリ秒[2]
(誤差0%)
距離 18.777 ± 0.005 光年[注 1]
(5.757 ± 0.002 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 9.33[3]
物理的性質
半径 0.496 R[4]
質量 0.58 M[1]
自転速度 1 km/s[5]
スペクトル分類 M1-2V[6]
光度 0.028 L[7]
表面温度 3,707 K[4]
色指数 (B-V) 1.478[8]
色指数 (U-B) 1.222[8]
金属量[Fe/H] -0.09[6]
年齢 3 - 30 億年[9]
別名称
別名称
BD-21 1377[2]
Gaia DR2 2940856402123426176[2]
GJ 229[2]
GSC 05945-00765[2]
HD 42581[2]
HIP 29295[2]
SAO 171334[2]
TYC 5945-765-1[2]
2MASS J06103462-2151521[2]
Template (ノート 解説) ■Project
グリーゼ229B
Gliese 229 B
視等級 (V) 14.01(Jバンド)[10]
分類 褐色矮星[10]
位置
赤経 (RA, α)  06h 10m 34.80s[10]
赤緯 (Dec, δ) −21° 52′ 00.0″[10]
固有運動 (μ) 赤経: -137.0 ミリ秒/年[10]
赤緯: -714.1 ミリ秒/年[10]
年周視差 (π) 173.19 ± 1.12ミリ秒[10]
(誤差0.6%)
距離 18.8 ± 0.1 光年[注 1]
(5.77 ± 0.04 パーセク[注 1]
地球から見た位置 (グリーゼ229Aとの関係)
元期 2006.11
位置角 168.4°[11]
角距離 6.78″[11]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 34.7+1.3
−1.9
au[12]
離心率 (e) 0.846+0.014
−0.015
[12]
公転周期 (P) 263+21
−29
[12]
軌道傾斜角 (i) 13+10
−12
°[12]
近点引数 (ω) -10+50
−40
°[12]
物理的性質
半径 0.122 R[11]
質量 72 ± 5 MJ[12]
スペクトル分類 T6.5[10]
光度 6.2×106 L[13]
表面温度 950 K[14]
金属量[Fe/H] -0.5[13]
Template (ノート 解説) ■Project

グリーゼ229(Gliese 229、GJ 229)は、うさぎ座の方角に約19光年の距離にある連星系である。

特徴[編集]

主星の赤色矮星グリーゼ229Aは、質量太陽の6割弱、半径太陽の半分、自転速度はとても遅く、およそ1km/sと推定される[1][4][5]

グリーゼ229Aは、活動の低調な閃光星として知られ、表面での恒星磁場の活動によって不規則に光度が増大する[15]スペクトルは、カルシウムのH線・K線が輝線として見える。コロナからのX線の放射も検出されている。これらの現象は、磁場が外層大気と相互作用することで生じるとみられる。大規模な恒星黒点の活動は、検出されていない[8]

空間速度は、(U, V, W) = (+12 -11, -12) km/s[16]である。銀河系内の軌道運動は、離心率0.07の円に近い形状で、傾斜角は0.0051radとほぼ銀河面に平行である[17]

星系[編集]

太陽赤色矮星のグリーゼ229A、褐色矮星のグリーゼ229B、木星の大きさの比較

1994年にグリーゼ229の近傍に亜恒星天体が発見され、1995年に伴星であることが確認され、グリーゼ229Bと呼ばれるようになった[18][19]。グリーゼ229Bは、Teide 1と並んで最初に褐色矮星であることが証明された二つの天体の一つである。水素核融合を維持するには小さすぎるので、主系列星にはならないが、質量は木星の72倍と推定されるので[12]惑星よりはずっと大きい。表面温度はおよそ950 Kである[14]。2020年にはグリーゼ229Bの下限質量が木星の1.62倍であると発表されたが、下限質量の値はその天体の軌道傾斜角に依存するので、これはグリーゼ229Bの軌道傾斜角が13とかなり小さいことに起因しているとされている[12][20]

2014年にグリーゼ229Aの視線速度の詳細な分析が行われた結果、ケプラー運動を示唆する周期的な変化が発見され、海王星の数倍の大きさを持つ太陽系外惑星グリーゼ229Abによるものと考えられた[7]。その後、2020年に行われた太陽系の近傍にある38個の赤色矮星の観測データの分析の結果、グリーゼ229の周囲を公転する新たな惑星グリーゼ229Acが発見された[20][21]。グリーゼ229Acは地球の約7.9倍の下限質量を持つスーパーアースに分類され、グリーゼ229Aのハビタブルゾーン内を公転しているが、グリーゼ229Aが閃光星であることから、地球上で考えられるような生命体には厳しい環境となっている可能性がある[21]

グリーゼ229Aの惑星[20]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
c ≥7.93+2.39
−3.44
 M
0.339+0.024
−0.029
122.005+0.364
−0.382
0.29+0.06
−0.26
b ≥10.02+3.35
−6.10
 M
0.896+0.069
−0.073
523.242+13.039
−7.009
0.17+0.07
−0.17

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算

出典[編集]

  1. ^ a b c Zechmeister, M.; Kürster, M.; Endl, M. (2009). “The M dwarf planet search programme at the ESO VLT + UVES. A search for terrestrial planets in the habitable zone of M dwarfs”. Astronomy and Astrophysics 505 (2): 859-871. arXiv:0908.0944. Bibcode2009A&A...505..859Z. doi:10.1051/0004-6361/200912479. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Results for HD 42581”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2020年2月15日閲覧。
  3. ^ The One Hundred Nearest Star Systems”. RECONS. Georgia State University (2012年1月1日). 2013年4月16日閲覧。
  4. ^ a b c Tsuji, Takashi; Nakajima, Tadashi (2014). “Near-infrared spectroscopy of M dwarfs. I. CO molecule as an abundance indicator of carbon”. Publications of the Astronomical Society of Japan 66 (5): 98. Bibcode2014PASJ...66...98T. doi:10.1093/pasj/psu078. 
  5. ^ a b Reiners, A. (2007-05). “The narrowest M-dwarf line profiles and the rotation-activity connection at very slow rotation”. Astronomy and Astrophysics 467 (1): 259-268. arXiv:astro-ph/0702634. Bibcode2007A&A...467..259R. doi:10.1051/0004-6361:20066991. 
  6. ^ a b Jenkins, J. S.; et al. (2009). “Rotational Velocities for M Dwarfs”. Astrophysical Journal 704 (2): 975-988. Bibcode2009ApJ...704..975J. doi:10.1088/0004-637X/704/2/975. 
  7. ^ a b Tuomi, Mikko; et al. (2014). “Bayesian search for low-mass planets around nearby M dwarfs - estimates for occurrence rate based on global detectability statistics”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 441 (2): 1545-1569. arXiv:1403.0430. Bibcode2014MNRAS.441.1545T. doi:10.1093/mnras/stu358. 
  8. ^ a b c Byrne, P. B.; Doyle, J. G.; Menzies, J. W. (1985). “Optical photometry and spectroscopy of the flare star Gliese 229 (=HD42581)”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 214: 119-130. Bibcode1985MNRAS.214..119B. doi:10.1093/mnras/214.2.119. 
  9. ^ Nakajima, T.; Tsuji, T.; Takeda, Y. (2015). “Physical Properties of Gliese 229B Based on Newly Determined Carbon and Oxygen Abundances of Gliese 229A”. Astronomical Journal 150 (2): 53. Bibcode2015AJ....150...53N. doi:10.1088/0004-6256/150/2/53. 
  10. ^ a b c d e f g h Results for HD 42581B”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2020年2月15日閲覧。
  11. ^ a b c Geißler, K.; Chauvin, G.; Sterzik, M. F. (2008). “Mid-infrared imaging of brown dwarfs in binary systems”. Astronomy and Astrophysics 480 (1): 193-198. arXiv:0712.1887. Bibcode2008A&A...480..193G. doi:10.1051/0004-6361:20078229. 
  12. ^ a b c d e f g h Brandt, Timothy D.; Dupuy, Trent J.; Bowler, Brendan P.; et al. (2019). "A Dynamical Mass of 70 ± 5 Jupiter Masses for Gliese 229B, the First Imaged T Dwarf". arXiv:1910.01652v1 [astro-ph.EP]。
  13. ^ a b Leggett, S. K.; et al. (2002). “Atmospheric analysis of the M/L and M/T dwarf binary systems LHS 102 and Gliese 229”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 332 (1): 78-90. Bibcode2002MNRAS.332...78L. doi:10.1046/j.1365-8711.2002.05273.x. 
  14. ^ a b Saumon, D.; et al. (2000). “Molecular Abundances in the Atmosphere of the T Dwarf GL 229B”. Astrophysical Journal 541 (1): 374-389. Bibcode2000ApJ...541..374S. doi:10.1086/309410. 
  15. ^ Kunkel, William E. (1973). “Activity in Flare Stars in the Solar Neighborhood”. Astrophysical Journal Supplement 25: 1-36. Bibcode1973ApJS...25....1K. doi:10.1086/190263. 
  16. ^ Gliese, W. (1969). “Catalogue of Nearby Stars”. Veröffentlichungen des Astronomischen Rechen-Instituts Heidelberg 22: 37. Bibcode1969VeARI..22....1G. 
  17. ^ Woolley, R.; et al. (1970). “Catalogue of stars within twenty-five parsecs of the Sun”. Royal Observatory Annals. 5. Bibcode1970ROAn....5.....W. 
  18. ^ Nakajima, T.; et al. (1995). “Discovery of a cool brown dwarf”. Nature 378 (6556): 463-465. Bibcode1995Natur.378..463N. doi:10.1038/378463a0. 
  19. ^ Astronomers Announce First Clear Evidence of a Brown Dwarf”. STScI (1995年11月29日). 2017年10月18日閲覧。
  20. ^ a b c Feng, Fabo; Butler, R. Paul; et al. (2020). “Search for Nearby Earth Analogs. II. Detection of Five New Planets, Eight Planet Candidates, and Confirmation of Three Planets around Nine Nearby M Dwarfs”. The Astrophysical Journal Supplement Series 246: 32. arXiv:2001.02577. Bibcode2020ApJS..246...11F. doi:10.3847/1538-4365/ab5e7c. 
  21. ^ a b 松村武宏 (2020年1月15日). “太陽系の近くに複数の系外惑星を確認。ハビタブルゾーン内のスーパー・アースも”. sorae.info. 2020年2月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 06h 10m 34.6157s, −21° 51′ 52.722″