黄電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黄電(きいでん)は、名古屋市営地下鉄東山線名城線(一部は現・名港線)に在籍した車両群の愛称。

概要[編集]

1957年昭和32年)11月15日に1号線(現・東山線)名古屋 - 栄町(現・)間が開業した。開業時に登場した100形は、名古屋市出身の画家杉本健吉が「暗い地下鉄内でも明るく見えるように」ということで採用した黄色1色(正確にはウィンザーイエロー)の塗装で登場した。この100形は、名古屋市民を驚かせ、いつしか地元の女子高校生によって「黄電」と呼ばれるようになった。

共通の特徴として、網棚が非設置、非冷房[1]、蛍光灯が天井壁側に設置、全車電動車などがある。「黄電」という名称に対し、冷房装置の搭載された新型車両のことを「銀電(ぎんでん)」と呼ぶこともあった。

黄電の車両[編集]

一般的に「黄電」とは次の7系列(16形式)を指す。

黄電の系譜[編集]

なお、黄電が消滅した現在も、黄電の塗色(ウィンザーイエロー)は現在も東山線のラインカラーとして、5000形[2]5050形N1000形もウィンザーイエローの帯が巻かれている。

脚注[編集]

  1. ^ 国内の譲渡先(福井鉄道高松琴平電気鉄道)では全車冷房化改造された
  2. ^ 2015年に全廃。

関連項目[編集]