麻畠美代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

麻畠美代子(あさはた みよこ、1943年 - 1964年2月18日[1])は、日本のミスコン女王、客室乗務員。戒名・麗空院釈尼晃美[2]。西陣麻畠織物合同会社代表取締役の麻畠正資は、甥である[3]

経歴・人物[編集]

1943年、京都市に生まれる。精華女子高等学校卒業[3]

百貨店勤務を経て[3]日東航空に就職。客室乗務員となる。

ミス京都、ミス・ワールド・ジャパン準優勝の肩書を持つ[4]

殉職[編集]

1964年2月18日午前8時22分頃、伊丹空港を離陸した直後の徳島行き日東航空機がエンジントラブルに見舞われ、兵庫県尼崎市田能二ノ坪に墜落。取り残された乗客1人を救うため機内に戻るが、機体は爆発、乗客ともども還らぬ人となる[1]

宝田寮[編集]

徳島県阿南市宝田町にある宝田寮という孤児院とも交流があった。宝田寮の子供たちからは「飛行機のおねえさん」と呼ばれ慕われた。

1962年、東京の福祉新聞の久保専務が徳島をたずねた際、ホタルの美しさに驚き、東京の子供に見せたら喜ぶだろうと語った。宝田寮の子供たちはホタルを捕まえ、7月3日、東京のいくつかの養護施設に届けられた。このときホタルの輸送に関わった麻畠は宝田寮の子供たちと仲良くなる。

1964年8月、本村忠弘(17才)、大溝陽子(10才)ほか10人の孤児が東京見物に招待される。陽子の手には麻畠の遺影があった[2]

麻畠の死後、宝田寮の敷地内に「ホタルの塔」が建てられた。高さ6mのポールの先端に水銀灯が設置されている。2012年、宝田寮の建物は改築されたが、ホタルの塔はそのまま残された[5]

みよし観音[編集]

三重県に住む交通遺児の坂井誠と進兄弟が「みよし観音」を六甲山上に建てようと願ったのをきっかけに、「みよし観音建立奉賛会」が発足する[6]

宝田寮の寮長である立江寺(たつえじ)の庄野住職との親交にもとづき、二宮源男と息子・志輔が発願人となり全国各地から浄財を集める(2016年10月、二宮親子の慰霊塔が高野山奥院に設置される)[4]

1970年夏[7]、六甲山に彫刻家・芝良空制作の「みよし観音」建立[3]。その後、毎年8月1日に「大空のまもり祈年祭」が行われている[8]

2019年5月24日、「みよし観音50回法要」が行われた[3]

その他[編集]

みよし観音の周囲には葉上照澄比叡山千日回峰行者)、森繁久弥石原慎太郎吉永小百合らの歌碑が配されている。森繁久弥の歌碑にこう記されている。「ホタルの天使」[7]

みよし観音の土地は一般財団法人住吉学園(神戸市東灘区)の所有であるが、「知らなかった事を残念に思い、2018年度から地代を無料にし、これからはみよし観音の行事に参加する」と決定した[6]

出典[編集]

  1. ^ a b 外山智士. “事故詳細(事故No,19640218ja)”. 民間航空データベース. 2019年8月13日閲覧。
  2. ^ a b 「ホタルが結んだ友情のかげに……」『主婦の友』昭和39年10月号、株式会社主婦の友社、1964年
  3. ^ a b c d e 鈴木哲法「みよし観音 安全願い 半世紀」『京都新聞夕刊』、2019年5月15日。
  4. ^ a b 荻野みきよ (2017年8月20日). “いのちを繋ぐ慰霊塔建立”. hasunokai.jp. 2019年8月13日閲覧。
  5. ^ 徳島の子供たちと…殉職スチュワーデスとの思い出を秘めた、ほたるの塔”. 社会福祉法人宝田寮. 2019年8月13日閲覧。
  6. ^ a b 安井俊彦 (2018年7月27日). “胸を打つ計らい”. 彦録”HIKOLOG. 2019年8月13日閲覧。
  7. ^ a b 「凡語」『京都新聞』、2015年7月26日。
  8. ^ 石像”. city.kobe.lg.jp. 神戸市灘区役所 (2016年11月29日). 2019年8月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 逵原ミレイ, 坂井誠(共著)『六甲山のあの上に ある“交通遺児”の願い』(みよし観音奉賛会、1979年8月)
  • 「ホタルが結んだ友情のかげに……」『主婦の友』昭和39年10月号、株式会社主婦の友社、1964年