日東航空おやしお号墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日東航空 おやしお号
Grumman G-73 Ward Wells collection AMHA US-Gov.jpg
事故機と同型のグラマン マラード
出来事の概要
日付 1964年2月18日
概要 エンジントラブル
現場 日本兵庫県尼崎市
乗客数 7
乗員数 3
負傷者数
(死者除く)
8
死者数 2
生存者数 8
機種 グラマンマラード
運用者 日東航空
機体記号 JA5067
テンプレートを表示

日東航空おやしお号墜落事故(にっとうこうくうおやしおごうついらくじこ)は、1964年昭和39年)2月18日に発生した航空事故である。

事故の概要[編集]

大阪空港から徳島へ向けて乗員3名、乗客7名の合計10名を乗せた日東航空グラマン マラード水陸両用旅客機おやしお号が滑走路を離陸した後、滑走路先の空港排水路の堤防に機体の下部を当て、そのまま右側へ旋回をしながら午前8時22分に大阪空港の滑走路から約1kmほど南の兵庫県尼崎市田能にある水田に墜落した。

墜落と同時にエンジン部分から出火し、この事故の報を受けた、伊丹、豊中、尼崎、の各警察署と消防署は直ちに署員200名、パトカー・消防車20台余りを現地へ急行、すぐさま怪我人の収容と火災の消火に努めたが、火の回りが早く、機体の前半分は完全に燃え落ちた後に消火された。そしてこの事故により乗客1名とスチュワーデス1名の計2名が死亡、乗客7名が負傷した[1]

事故後の機体を調査したところ、機体左側プロペラは3枚とも曲がっているのに対して、機体右側プロペラは曲がってるのは1枚だけで残り2枚は全く曲がっていなかった。以上の事から、同機は墜落時に何らかの原因で機体右側エンジンが止まり、それにより推力が不足して墜落したものと推測された[2]

その他[編集]

この事故で、乗客救出中に殉職したスチュワーデスを称え、六甲山の山上にみよし観音が建立されている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞昭和39年2月18日夕刊記事
  2. ^ 朝日新聞昭和39年2月19日朝刊記事
  3. ^ みよし観音の紹介 - 神戸市灘区ウェブサイト、2013年4月22日閲覧

関連項目[編集]