鷺ノ森城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
鷺ノ森城
愛媛県
(画像はありません)
(画像はありません)
別名 鷺森城、鷺の森城
城郭構造 平城
天守構造 なし
築城主 桑原通興
築城年 応永年間)
主な城主 桑原氏(壬生川氏)
遺構
指定文化財 なし
位置 北緯33度56分14.1秒
東経133度5分14.4秒
座標: 北緯33度56分14.1秒 東経133度5分14.4秒

鷺ノ森城鷺森城、さぎのもりじょう)は愛媛県西条市壬生川にかつて存在した日本の城である。

歴史[編集]

中世、伊予国河野氏(河野通之)が大曲川の河口に築城させた。宇摩郡新居郡の武将が讃岐国の細川氏と気脈を通じて攻め入るのを防ぐためであった。桑原通興に守らせる。桑原氏には壬生川氏と名を改めさせた。

1573年元亀3年)、河野通吉が入城し、壬生川氏や周布郡剣山城主の黒河氏とともに、新居郡氷見村(現在の西条市氷見)を攻める。 以降、黒河氏や新居郡の金子氏と勢力均衡。

1585年(天正13年)、小早川氏の攻撃を受け落城。

関連項目[編集]