鶴見左吉雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鶴見左吉雄

鶴見 左吉雄(つるみ さきお、1873年明治6年)9月13日[1] - 1946年(昭和21年)12月17日[2])は、日本の農商務官僚実業家

経歴[編集]

富山県出身。1899年(明治32年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格した[3]内務省に入り、岩手県参事官兵庫県参事官、三重県内務部長を歴任した[1]1908年(明治41年)、農商務書記官に転じ、外務書記官製鉄所参事を兼ね、1917年大正6年)に水産局長に就任した[1]。その後、山林局長、商務局長を経て、農商務次官に就任した[3]

1924年(大正13年)、退官[3]1927年(昭和2年)より東京モスリン紡織株式会社(のち大東紡織株式会社に改称)社長を務めた[3]

その他、日本石油株式会社取締役、帝国発明協会副会長・会長、日満緬羊協会理事長、商業報国会会長、繊維産業協議会会長、商業組合中央会会長、商工組合中央金庫監事などを務めた[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 人事興信録 第5版 1918.
  2. ^ 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年、156頁。
  3. ^ a b c d 大衆人事録 1930.
  4. ^ 人事興信録 第13版 1941.
  5. ^ 人事興信録 第14版 1943.

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第5版』 人事興信所、1918年
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(下)』 人事興信所、1941年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年