鶴見修治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル

鶴見修治
男子 体操競技
オリンピック
1960 ローマ 男子団体
1964 東京 男子団体
1964 東京 男子個人総合
1964 東京 男子平行棒
1964 東京 男子鞍馬
1960 ローマ 男子鞍馬

鶴見 修治(つるみ しゅうじ、1938年1月29日 - )は、東京都台東区出身の体操競技選手。1960年ローマオリンピック1964年東京オリンピック体操男子団体金メダリスト。日本体育大学卒業。現役引退後は日本体育大学の講師や河合楽器の監督を務めて後進の指導を行った。その後、日本体操協会の理事や日本ドッジボール協会の理事などを歴任、現在は日本オリンピアンズ協会の理事。

1960年のローマオリンピックでは鶴見ら6人はソビエト連邦を下して、男子団体で金メダルを獲得した。日本勢は男子個人総合で9位以内に全6選手が入る活躍を見せて、鶴見は個人総合で4位、あん馬で銅メダルを獲得した。続く地元日本で開かれた東京オリンピックでも団体総合金メダルに貢献、男子個人総合でも銀メダルを獲得、平行棒とあん馬でも銀メダルを獲得した。世界体操競技選手権においても、彼は1962年のプラハ大会では個人総合で9位、1966年のドルトムント大会では2位に入り、共に団体優勝の一員となっている。1998年に永年の功績から藍綬褒章を受章している[1]。2008年、日本人として11人目の国際体操殿堂入りを果たした。[2] 現在は山梨県南都留郡富士河口湖町にある私立小学校、素和美小学校(マリア国際幼稚園に併設)の校長をしている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]