鳴海風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鳴海 風(なるみ ふう、1953年10月15日 - )は、日本小説家。鳴海風は筆名で、本名は原嶋茂[1]和算を題材にした歴史小説を得意とする。デンソーに勤める技術者でもあった。財団法人新鷹会理事。日本推理作家協会会員。愛知工業大学大学院非常勤講師。

来歴・人物[編集]

新潟県加茂市生まれ。秋田高校から東北大学へ進み、機械工学専攻修了。学生時代より小説家を志す。1980年、日本電装(現デンソー)入社。生産技術者として、多くの次期型製品や新規製品のコンカレント開発、そして生産システムの開発・立ち上げに従事。博士(経営情報科学) 、MBA、CPE-ME保有。

1987年より新鷹会の勉強会に参加し、作家としてのキャリアを積む。平山諦著『和算の歴史』に出会ったことがきっかけで、和算を題材とした作品を手掛けるようになり、1992年に、和算家建部賢弘が主人公の短編『円周率を計算した男』で歴史文学賞を受賞。2010年、愛知工業大学大学院で博士(経営情報科学)取得[2]。2013年、名古屋商科大学大学院でMBA取得[3]2013年、デンソーを定年退社[4]

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

  • 『円周率を計算した男』新人物往来社、1998年 のち文庫 
  • 『算聖伝』新人物往来社、2000年
  • 『和算忠臣蔵』小学館、2001年
  • 『怒涛逆巻くも 日本近代化を導いた小野友五郎小栗忠順』新人物往来社、2003年 のち文庫 
  • 『ラランデの星』新人物往来社、2006年
  • 『美しき魔方陣 久留島義太見参!』小学館文庫、2007年
  • 『和算小説のたのしみ』岩波科学ライブラリー、2008年
  • 『星空に魅せられた男間重富』高山ケンタ画 くもん出版 2011
  • 『江戸の天才数学者 世界を驚かせた和算家たち』新潮選書、2012 
  • 『星に惹かれた男たち 江戸の天文学者 間重富と伊能忠敬』日本評論社、2014
  • 『トコトンやさしいコンカレント・エンジニアリングの本』原嶋茂名義 日刊工業新聞社 2015

脚注[編集]

外部リンク[編集]