鳴海なのか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なるみ なのか
鳴海 なのか
プロフィール
愛称 なの
生年月日 1983年3月25日
現年齢 34歳
出身地 日本の旗 日本鳥取県鳥取市
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 165 cm / kg
モデル: テンプレート - カテゴリ

鳴海なのか(なるみ なのか、1983年3月25日 - )は、日本タレントアイドル女優料理研究家声優

所属事務所は「シュガー・スポット」。

略歴[編集]

鳥取県生まれ。

2001年4月、大学進学のため上京。

2002年 MCアイドル活動開始。

2005年7月 女優として活動開始。

2008年から「女優&家庭料理研究家」を肩書きとして使用している。

2010年10月、鳴海なのか主宰の「劇團コダワリ」旗揚げ。

2010年12月、舞台「萌えパニ★」にて舞台初演出・初脚本。以後、映像・舞台作品の制作に力を入れている。

2011年10月、主宰の「劇團コダワリ」を「劇團チョコリンゴ」に改名。

2013年10月、「劇團チョコリンゴ」の舞台公演を休止し、以降はボイスドラマ等を中心に活動することを発表。

エピソード[編集]

・中学時代の部活は茶道部。

・高校時代、公園などの手漕ぎボートを楽しむ部だと勘違いし、ボート 部に入部。

・第55回国体ボート少年女子シングルスカル出場。

・第24回全国高等学校総合文化祭小倉百人一首かるたの部出場。

・国立お茶の水女子大学理学部数学科卒業。

・鳴海なのか本人が企画・撮影・出演・編集の、ネットTVの料理番組「たべ★らぼ」は、2010年7月17日の放送にてUstream瞬間アクセス数世界2位にランクイン。 また、同番組は、Ustreamにて『注目の番組』に選ばれており、放送時はUstreamのトップページに紹介されていた。

・亜紀という、栄養士の勉強中の妹がおり(2010.1月放送の「たべ★らぼ」より)、 たびたび「たべ★らぼ」に出演しているが、本人の希望により、顔出し無しで後ろ姿・声のみの出演。(亜紀は、2011年10月現在、管理栄養士の資格を取得した模様。)

・鳴海なのかが企画・撮影・出演・編集した料理動画 「材料3つで簡単チョコババロア~鳴海んちはカンタンごはん★vol.8-2」(2010.1.31.「たべ★らぼ」内で放送したコーナー)が、2010.2.13.〜2.15.YouTubeのトップページに紹介され、3日間で約2万回再生された。 その後も、YouTubeスポットライト動画-ハウツーとスタイル にたびたびとりあげられている。

・好きな食べ物は、アイスクリームと天津甘栗。

・1人で転んでいる瞬間をよく目撃されており、「何もないところで転ぶ天才」というキャッチコピーをつけられたことがあるのをたびたびネタにしている。

公式ニコニコチャンネルで2014年9月より毎週木曜生放送の番組『Charapedia公式動画番組「キャラぺろ」』のニュースアンカー(メインMC)として出演。2015年に入ってからは1回放送あたりの来場者数が数万名、2015年6月には累計の来場者数が100万名を超える人気番組となっている。[1]

・ゲーム「トイ・ウォーズ」へは、登場キャラクター「アテナ(ボイスB)」として声の出演するだけでなく、キャラクターボイス収録時のキャスティングや音響監督も担当している。また、トイ・ウォーズ公式番組「トイばん」ではMC出演の他に、企画・構成等も担当している。[2]

出演[編集]

新聞[編集]

TV[編集]

  • 行列のできる法律相談所SP20(日本テレビ)」再現V「中央フリーウェイ」【海老名美どり役】
  • 「行列のできる法律相談所#227(日本テレビ)」再現V「峰竜太編」【海老名美どり役】

映画[編集]

ゲーム[編集]

CD[編集]

ネット番組[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

ライブ[編集]

  • 「からくりかまきりぃ」
  • 「THE IDOLIVE ポンギ de PON!」
  • 「学天Pecoり〜の」
  • 「SHUFFLE RUMBLE II」
  • 「バンコクAKIBAフェスタ開催直前プレイベント」
  • 「勝ち抜け!ピスタチーオ」
  • 「Live in Heart SP」
  • 「NewYearEvolution2012」

DVD[編集]

  • 「WEB情報誌デジタルガール」
  • 「鳴海んちはカンタンごはん★ 第1巻」

撮影会[編集]

  • 「フレッシュ撮影会」
  • 「デジタルガール撮影会」
  • 「ドリーム撮影会」

イベント[編集]

主宰・脚本・演出・制作[編集]

舞台[編集]

ドラマCD[編集]

  • ドラマCD「For〜聖ロージアトラブルバスターズ」 (2013.2.10.発売、シュガー・スポット株式会社 脚本・制作・デザイン)
  • オムニバスドラマCD「ボディビル黒薔薇団地〜クスッと笑える短編集」(2014.3.31.発売、シュガー・スポット株式会社 演出・制作・デザイン)
  • オムニバスドラマCD「僕と私の恋物語」(2014.7.31.発売、シュガー・スポット株式会社 演出・制作・デザイン)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]