鳥取県立鳥取東高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鳥取県立鳥取東高等学校
Tottori Higashi high school.jpg
過去の名称 鳥取県立鳥取第二中学校
鳥取県立鳥取第二高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 鳥取県の旗鳥取県
校訓 日々自らを鍛え、進取の気をもって、事に当たろう
互いに親和し、切磋琢磨を続けよう
自らの責任を果たし、社会に尽くす心を持とう
設立年月日 1922年6月20日
創立記念日 6月23日
創立者 徳田平市
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
理数科
学期 3学期制
高校コード 31101E
所在地 680-0061
鳥取県鳥取市立川町五丁目210番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

鳥取県立鳥取東高等学校(とっとりけんりつ とっとりひがしこうとうがっこう)は、鳥取県鳥取市立川町五丁目にある県立高等学校

概要[編集]

前身は旧制鳥取第二中学校。理数科を有し、県内唯一の文部科学省スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校である。1922年に創立功労者の徳田平市が、4,843坪もの校地を寄付し、翌年の4月5日に開校した。林重浩初代校長により「生徒信条」(一、日々自らを鍛え、進取の気をもって、事に当たろう。二、互いに親和し、切磋琢磨を続けよう。三、自らの責任を果たし、社会に尽くす心を持とう。)が定められ、「頌徳碑」とともに「生徒訓条」(質実剛健ニシテ正義を履践スベシ、己ヲ克治シ他ヲ寛容シテ親和スベシ、勤勉日ニ新ニシテ奉公ノ誠ヲ諭スベシ)の銘文が、校内の「憩いの森」に石碑が建てられている。

鳥取東高等学校の応援歌として愛唱されている清水英明作詞の「若草萌えて」([1])は、同志社大学の応援歌と同じである。これは昔「応援部」が同志社大学で合宿を行ったときに頂いたものであるとされている。

校章は「三つのペン」に高の文字をあしらったもので、スクールカラーは「紫紺」である。 鳥取東高等学校では、質実剛健、親和、勤勉の気風と、生徒ひとりひとりへの懇切な指導を重視しており、在校生、卒業生ともに愛校心が強い。また、鳥取西高等学校との関係も深く、互いに切磋琢磨している。 毎年、「東高祭」が、鳥取東高等学校の校地と県民文化会館の梨花ホールを会場に盛大に行なわれる。

歴史[編集]

  • 1922年(大正11年)6月20日 - 「鳥取県立鳥取第二中学校[1]」として設立。
    • 将来は7年制高等学校(現在の中学校・高等学校・大学の一貫教育に相当)に発展させる予定だったが、当時の鳥取県の財政事情で実現しなかった。
  • 1923年(大正12年)4月5日 - 開校。
  • 1926年(大正15年)6月23日 - この日をもって創立記念日とする。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により、「鳥取県立鳥取第二高等学校」(新制高等学校、男子校)が発足。
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 鳥取県立3校(鳥取第二高等学校・鳥取工業高等学校・鳥取実業高等学校)が統合され、「鳥取県立鳥取東高等学校」(現校名、男女共学)となる。
  • 1951年(昭和26年)4月1日
    • 湖山校舎と美和分校(旧・鳥取実業高等学校)が分離の上、青谷高等学校と合併され鳥取県立気高高等学校[2]として独立。
    • 岩美実業高等学校と邑美実業高等学校を統合。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 工業校舎が鳥取県立鳥取工業高等学校、岩美校舎が鳥取県立岩美農業高等学校として独立。
  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 公立学校としては全国最初の専攻科を設置。
  • 2001年(平成13年)4月1日 - 理数科を設置。
  • 2009年(平成21年)3月31日 - 専攻科を廃止。

設置学科[編集]

  • 全日制
    • 普通科
    • 理数科

進路[編集]

主な合格校は、地元鳥取大学をはじめ、中国地方の島根大学岡山大学広島大学山口大学のほか、国公立大学医学部医学科、旧帝国大学など。  

部活動[編集]

文化部
  • 文芸部
  • 新聞部
  • 演劇部
  • 美術部
  • 茶道部
  • 邦楽部
  • 家庭部
  • 写真部
  • 英語部
  • 郷土研究部
  • 科学部
  • 華道部
  • 書道部
  • 部落解放研究部
  • 放送部
  • 応援部
  • 吹奏楽部
  • アニメ同好会
  • 生物同好会
  • 数理科学同好会
運動部
  • 剣道部(男・女)
  • 柔道部
  • 陸上競技部
  • バスケットボール部(男・女)
  • バレーボール部(男・女)
  • ソフトテニス部(男・女)
  • テニス部(男・女)
  • 新体操部
  • 野球部
  • 卓球部(男・女)
  • バドミントン部
  • ボート部
  • サッカー部(男・女)
  • 水泳部
  • 弓道部

校内施設[編集]

校内施設としては、図書室、自習室、コモンホール(多目的利用)、研修館(宿泊研修施設)、ふれあい館(宿泊研修施設)、第1・第2・第3グラウンド、格技場、弓道場、トレーニングジムがある。また、平成8年に第二体育館、平成12年に第一体育館及び部室棟、平成15年にプール、しののめ館(同窓会館)が新築された。さらに、平成18年に食堂が移転・新築された。 普通教室には、全室冷暖房完備で快適な学習環境が整えられている。 校門までは銀杏並木が美しい専用通学路「志学の道」が整備され、校地周辺の天神川は桜の名所として知られている。

同窓会[編集]

同窓会の「東雲会」(しののめかい)は、現在、東京東雲会、京阪神東雲会、東海支部東雲会があり、同窓生の交流も盛んである。旧制鳥取第二中学校の卒業生は「柏葉何回生」(鳥取第二中学校の校章が「三つの柏葉」に中の文字だったので)、鳥取東高等学校の卒業生は「山脈何回生」と記している。「鳥東」(とりとう)と略されるほか、「柏葉」(はくよう)「東雲」(しののめ)という言葉も象徴的に用いられる。2005年6月23日の第83回創立記念日を期に同窓会報「しののめ」が創刊された。

著名な卒業生[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]