鳥居清光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥居 清光(とりい きよみつ、昭和13年(1938年)- )は、日本の女性画家浮世絵師舞台美術家鳥居派9代目。本名せつ子[1]。鳥居派8代目・5代清忠の娘で、鳥居派初の女性浮世絵師である[2]木版画や鳥居派伝統の歌舞伎絵看板だけでなく、歌舞伎の衣裳や舞台美術も手がけ、舞台装置図のような立体図も制作[1][3]

来歴[編集]

鳥居派8代目・5代清忠(言人)の娘として生まれる。幼少より家業の手伝いをしていたが[1]、兄・元宏映画監督の道に進んだため、鳥居派を滅ぼすまいとした父から画法を伝授された[2]。高校時代には洋画家伊藤清永に師事し、油彩画を学ぶ[1]東京芸術大学日本画科卒業後[4]日生劇場のデザイン室や技術部に勤務する[1]。また、父について鳥居派の画法を習得する[1]。1976年7月に父が没した後、父の画業を引き継いて女性浮世絵師として正式に発足[2]、1982年11月27日に鳥居派9代目を襲名し、清光を名乗る[4]。襲名披露には、中村歌右衛門尾上松緑松竹社長の永山武臣楢崎宗重山口桂三郎らが列席した[4]

その画風は、「浮世絵に留まらず、美人画鏑木清方に学んだ父譲りの画風があり、また大和絵の味も加わった独自なものがある」[1]と評される。

1986年エイボン芸術賞[5]、1988年長谷川伸賞、1994年日本演劇興業協会賞[1]、2016年第37回松尾芸能賞特別賞受賞[6]。2005年黄綬褒章受章[1]

作品[編集]

  • 「雪月花」木版画 大判 美人画 1980年
  • 「春」 木版画 美人画 1982年 兜屋画廊版
  • 「弁慶」 木版画 1999年
  • 「娘道成寺」 リトグラフ 1999年
  • 「鳴神上人」 肉筆画 1982年

展覧会図録[編集]

  • 『鳥居清光展 歌舞伎絵 鳥居派九代目襲名披露』(鳥居清光を励ます会、1982)
  • 『鳥居派三百年と九代目清光展』(読売新聞社日本浮世絵協会、1990)

著書[編集]

  • 『絵本歌舞伎』中山幹雄著、鳥居清光絵(アリス館、1985)

脚注[編集]

参考文献[編集]