高良和武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高良 和武(こうら かずたけ、1921年2月9日[1] - 2019年1月30日)は、放射光科学を専門とする日本の物理学者鹿児島市出身[2]東京大学及び高エネルギー加速器研究機構名誉教授動力学X線回折理論の研究により、放射光科学と結晶学の発展に貢献した[1]。また後年は、産学連携や高等教育におけるインターンシップ制度の推進にも尽力した。

フォトン・ファクトリー施設長、日本結晶学会会長、日本放射光学会会長、学校法人筑波研究学園理事長[3]総合科学研究機構理事長、日本インターンシップ学会会長を歴任した。

経歴[編集]

1955年9月26日、九州大学理学博士の学位を取得した[4]

1955年9月から1957年12月まで、ドイツフリッツ・ハーバー研究所客員教授として滞在した。帰国後は東京大学教養学部から工学部へ、さらにその後高エネルギー加速器研究機構へと移っていった。[5]

1972年から1973年まで、日本結晶学会の第11代会長を務め、名誉会員にも認定されている[6]

高エネルギー加速器研究機構では、日本初のエックス線領域の光を発生させることができる放射光施設であるフォトン・ファクトリーの創設に尽力した。1978年4月から1984年3月まで、フォトン・ファクトリー初代施設長を務めた[7]1988年日本放射光学会の初代会長に就任した[8]1991年10月、応用物理学会功労会員に推薦された[9]2002年1月、フォトン・ファクトリー創設の功績が認められ、佐々木泰三及び冨家和雄と共に日本放射光学会の名誉会員に初めて認定された[10]

近藤次郎からの誘いを受けて、1987年学校法人筑波研究学園の創設に関与した[11]1994年8月から2008年5月まで、総合科学研究機構の第2代理事長を務め[12]、後に名誉理事長となった[11]。両法人では、「産学協同」の理念が掲げられた[11]

1998年から、日本インターンシップ学会の初代会長を務め[13]、後に名誉会長となった[14]2007年から、若手研究者の育成や研究交流の促進を図るため、優れた研究課題への研究助成を行う「高良記念研究助成」制度が開始した[15]

2019年1月30日心不全により97歳で死去した[2][16][17]

交流関係[編集]

ドイツ滞在中は、マックス・フォン・ラウエと深い交流があった[1]。ドイツ滞在時に知り合った大賀典雄とは、帰国後も公私ともに交流があった[5]雨宮慶幸は教え子である[1]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 雨宮慶幸高良和武先生を偲んで」『日本結晶学会誌』第61巻第2号、日本結晶学会、2019年、2019年11月1日閲覧。
  2. ^ a b 高良和武氏死去(東大名誉教授・X線精密光学)」『時事ドットコムニュース』時事通信社、2019年2月5日。2019年11月1日閲覧。
  3. ^ 高良和武「巻頭言」『基礎科学ノート』第4巻第2号、日本原子力研究開発機構先端基礎研究センター、1997年7月、2019年11月1日閲覧。
  4. ^ Simultaneous reflexion in electron diffraction as a cause of the failure of Friedel's law|書誌詳細|国立国会図書館オンライン
  5. ^ a b 高良和武「追悼 機智と決断力に富んだ大賀さん (PDF) 」 『CROSS T&T』第39巻、総合科学研究機構、2011年9月、 ISSN 2185-82922019年11月2日閲覧。
  6. ^ 歴代会長・名誉会員”. 日本結晶学会. 2019年11月1日閲覧。
  7. ^ “【訃報】フォトンファクトリー初代施設長・高良和武先生がご逝去されました” (プレスリリース), 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所, (2019年2月1日), https://www2.kek.jp/imss/notice/2019/02/01183000.html 2019年11月1日閲覧。 
  8. ^ 歴代会長”. 日本放射光学会. 2019年11月1日閲覧。
  9. ^ 功労会員”. 応用物理学会. 2019年11月1日閲覧。
  10. ^ 名誉会員から (PDF) 」 『日本放射光学会誌』第15巻第3号、日本放射光学会、2002年5月、2019年11月2日閲覧。
  11. ^ a b c 高良和武 (2010年2月1日). “産学協同の理念を大切に”. 総合科学研究機構. 2019年11月1日閲覧。
  12. ^ 法人の概要”. 総合科学研究機構. 2019年11月1日閲覧。
  13. ^ 高良和武 (1998年10月24日). “会長挨拶(歴代会長)”. 日本インターンシップ学会. 2019年11月1日閲覧。
  14. ^ 「日本インターンシップ学会」~10年の記録~”. 日本インターンシップ学会. 2019年11月1日閲覧。
  15. ^ 高良記念研究助成”. 日本インターンシップ学会. 2019年11月1日閲覧。
  16. ^ 高良和武さん死去」『朝日新聞』、2019年2月6日。2019年11月1日閲覧。
  17. ^ 高良和武氏が死去 東京大名誉教授」『日本経済新聞』、2019年2月6日。2019年11月1日閲覧。