高橋虔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 虔(たかはし まさし、1903年明治36年)2月18日[1] - 1992年平成4年)7月30日)は、日本の神学者聖書学者

兵庫県明石町(現・明石市)出身。同志社大学神学部卒、イェール大学大学院に学ぶ。同志社大神学部教授。1956年「エズラ書ネヘミヤ記註解」で同志社大学神学博士。1974年定年名誉教授。1970年から始まった日本初のカトリックプロテスタントの聖書共同訳で編集委員長を務め、1987年日本聖書協会から「聖書新共同訳」を刊行した。

1992年7月30日、急性腎盂炎のため死去[1]

著書[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • 『現代新約聖書註解全書 第8巻 コリント後書』現代新約聖書註解全書刊行会、1934
  • マルティン・ブーバー『日々の瞑想』近江兄弟社教務部、1940
  • 創世紀』註解 新教出版社 旧約聖書註解シリーズ、1956
  • ファイファー『旧約聖書緒論 第5巻 聖文学』新教出版社、1964
  • C.G.ハウイ『聖書講解全書 第13 エゼキエル書ダニエル書』日本基督教団出版部、1964
  • 『ブーバー著作集 第6-7 預言者の信仰』みすず書房、1968

関連文献[編集]

  • 木村晟『高橋虔と近江兄弟社学園』港の人、2012

脚注[編集]

  1. ^ a b 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.352

参考[編集]

  • 『ブーバー著作集』訳者紹介
  • 『人物物故大年表』