高橋大輔 (探検家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 大輔(たかはし だいすけ、1966年 - )は、日本の探検家作家秋田県秋田市出身[1]。探検家クラブ(ニューヨーク)および王立地理学協会のフェロー会員[1]

人物[編集]

明治大学政治経済学部在学中から世界六大陸を放浪。「物語を旅する」をテーマに世界各地の神話伝説を検証し、文献と現場への旅を重ねている。

2005年米国ナショナルジオグラフィック協会から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、ロビンソン・クルーソーのモデルであったアレクサンダー・セルカークの住居跡を発見した[2][3]

出演番組[編集]

著書[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 高橋大輔『漂流の島』 草思社、2016年、著者略歴
  2. ^ 高橋 大輔|郷インタビュー”. 株式会社サキガケ・アド・ブレーン. 2017年6月5日閲覧。
  3. ^ 高橋大輔『漂流の島』 草思社、2016年、pp.12-16。

外部リンク[編集]