高橋圭一 (日本文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 圭一(たかはし けいいち、1960年 - )は、日本の日本文学者大阪大谷大学教授。専門は日本近世文学、特に実録本

来歴[編集]

1960年、徳島生まれ。1982年京都大学文学部文学科卒業、1986年、京都大学大学院文学研究科博士課程中途退学。尾道短期大学専任講師を経て、大谷女子大学(現、大阪大谷大学)文学部教授[1]2015年2018年、大阪大谷大学文学部長[2]

近世実録研究の開拓者の一人であり[3]実録本の研究論文集や一般書を初めて公刊した人物である[4][5]講談に造詣が深く、旭堂南海と交流が深い[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 高橋圭一 『実録研究―筋を通す文学―』 清文堂、2002年11月。 
  2. ^ 高橋 圭一 | 文学部 日本語日本文学科 | 教員一覧 | 学部・専攻科・大学院 | 大阪大谷大学”. www.osaka-ohtani.ac.jp. 2020年6月7日閲覧。
  3. ^ 清文堂出版:実録研究―筋を通す文学―〈高橋圭一著〉”. seibundo-pb.co.jp. 2020年6月7日閲覧。
  4. ^ 菊池庸介 (2003-07-10), “高橋圭一著, 『実録研究-筋を通す文学-』, 二〇〇二年一一月二〇日, 清文堂刊, 四七八頁, 一一〇〇〇円”, 日本文学 (日本文学協会) 52 (7): 90-91, doi:10.20620/nihonbungaku.52.7_90 
  5. ^ 菊池庸介 (2011), 高橋圭一著『大坂城の男たち 近世実録が描く英雄像』, 日本文学協会, doi:10.20620/nihonbungaku.60.11_82 
  6. ^ 藤沢毅「解説「旭堂南海さんについて」」『尾道大学日本文学論叢』第7号、尾道大学日本文学会、2011年12月、 17-21頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]