高槻市立第六中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高槻市立第六中学校
Takatsuki City Takatsuki 6th Junior High School.jpg
国公私立 公立学校
設立年月日 1963年4月1日
創立記念日 2月1日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 569-0083
大阪府高槻市永楽町10番3号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

高槻市立第六中学校(たかつきしりつ だいろくちゅうがっこう)は、大阪府高槻市永楽町にある公立中学校。略称は六中、高槻六中、高六など。

概要[編集]

高槻市の南東部、商業地・新興住宅地・農村部などが混在した地域を校区としている。学校は東海道新幹線の線路近くに位置し、新幹線の騒音対策が施されている。

地域の宅地開発に伴う生徒数増加に伴い、1963年高槻市立第一中学校から分離開校する形で創立した。その後も生徒数が増加して学校規模が過大となったため、当校から高槻市立第八中学校高槻市立第十中学校高槻市立五領中学校高槻市立冠中学校の4中学校を分離開校させている。

沿革[編集]

通学区域[編集]

交通[編集]

備考[編集]

  • 初代の校歌は校庭の真横を通り、本校の創立と同時期に開業した新幹線を讃える歌詞であったが、騒音問題が顕在化し、新幹線に反対する立場から校歌が変更された。初代の校歌は六中生徒歌として残っている。
  • 校歌に「北摂千里(せんり)」とあるが、千里丘陵ではなく1000という長さの意味である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]