高徳エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳島バス(徳島駅前にて)
徳島バス(徳島駅前にて)
徳島バス(大内バスストップにて)
徳島バス(大内バスストップにて)
大川自動車(高松駅前にて)
大川自動車(高松駅前にて)
大川自動車(引田バスストップにて)
大川自動車(引田バスストップにて)
大川自動車(高松駅前にて)
大川自動車(高松駅前にて)

高徳エクスプレス(こうとくエクスプレス)は、香川県高松市徳島県徳島市を結ぶ昼行高速バスである。

全席予約指定制。

本項では前身の高徳特急バス(こうとくとっきゅうバス)についても述べる。

沿革[編集]

高松 - 徳島間は、以前から「高徳特急バス」の名称で国道11号を経由する特急バスが運行されていた。高松自動車道の開通に伴い、高速道経由となる当路線が運行されるようになった。

高徳特急バス[編集]

  • 1965年4月:大川自動車、高松琴平電気鉄道(当時)、徳島バスの3社共同運行で運行開始。運行開始当時は、高松駅前(高松築港)から八百屋町(徳島)までの間を国道11号線経由で、約2時間で結んでいた。
  • 1997年コトデンバスが運行から撤退し、それまでの12往復から10往復に減便。
  • 1998年10月1日:8往復に減便。
  • 2001年3月29日:この日の運行をもって廃止。

高徳エクスプレス[編集]

運行会社[編集]

両者がそれぞれ6往復ずつ運行する。

停車停留所[編集]

(停留所 - 停留所)でくくられた中での相互の乗降はできない。

2017年8月1日から
(JR高松駅(高速バスターミナル) - 兵庫町 - 県庁通り - 栗林公園前 - ゆめタウン高松 - 高松中央インターバスターミナル)- (鳴門西 - 松茂 - 工業団地前 - 徳島大学前 - 徳島駅)
2017年7月31日まで
(JR高松駅(高速バスターミナル) - 兵庫町 - 県庁通り - 栗林公園前 - ゆめタウン高松 - 高松中央インターバスターミナル) - 高速三木 - 高速志度 - 高速津田 - 高速大内 - 高速引田 - (鳴門西 - 鳴門インター北口 - 松茂 - 工業団地前 - 徳島大学前 - 徳島駅)

高松駅・ゆめタウン高松・高松中央インターバスターミナルの発券業務は四国高速バスに委託している。

なお、高徳特急バスの廃止直前の停車停留所は次の通り。全区間で相互乗降が可能であった。

高松駅前 - 五番町 - 屋島 - 八栗聖天口 - 志度 - 文理大学前(香川キャンパス) - 津田 - 大川オアシス - 三本松 - 白鳥 - 引田 - 北灘折野 - 栗田 - 小鳴門橋 - 鳴門 - 徳島空港 - 広島 - 徳大前 - (八百屋町) - 徳島駅

使用車両[編集]

三菱ふそう・エアロバス三菱ふそう・エアロエース

日野・セレガR(四国高速バス便)、 日野・2代目セレガ(四国高速バス便)

脚注[編集]

外部リンク[編集]