この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

高山箕犀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高山 箕犀(たかやま きさい、本名:李 星昊)は、フリーのイラストレーター台湾出身。男性。主に『True Love Story -Summer Days, and yet...』、『キミキス』、『アマガミ』等のキャラクターデザインで知られる。

経歴

  • 高校時代、教師にゲーム業界で働きたいことを相談すると、ゲーム制作に携わっている卒業生を紹介され、その人に「大学は卒業した方が良い」と言われた為、大学進学を決める[1]
  • 大学卒業後は幕張メッセでのアルバイトをしていたが、同じ大学に通っていたビッツラボラトリーの石川誠から誘いを受け、グラフィッカーとして同社に入社、以降『トゥルー・ラブストーリー』シリーズに携わる[1]
  • その後に同シリーズ製作に特化したゲーム製作会社・GameCRAB立ち上げの際にそちらに籍を移し、『トゥルーラブストーリー3』ではおまけイラストを担当する。
  • シリーズのキャラクターデザイナーだった松田浩二の引退に伴い、『True Love Story -Summer Days, and yet...』ではキャラクターデザインを担当する。
  • 同ゲーム製作の後はGameCRABを離れフリーになり、2004年テレビ大阪で放送された『農ドルちゃん』のキャラクターデザインなどを務める。また、2005年に発売されたTYPE-MOONのPC用ゲーム『Fate/hollow ataraxia』にゲスト参加(間桐桜とライダーの花札チーム)する。

人物像

  • 小学生時代は『機動戦士ガンダム』放映の頃で、机に多数のドムを書いていたと語る[1]
  • 中学校でゲームセンター同好会を立ち上げるが、年3000円の部費はディスクシステムの書き換えと脱衣麻雀ゲームで使い切った[1]
  • 「箕犀」という名前は祖父の名前からもらったとの事。
  • メガドライブと『装甲騎兵ボトムズ』とスバル車が好きとの事。
  • 「家がもし火事になり、一つだけ持ち出す」としたら、『スペースハリアー』を持ち出すと語る[1]
  • TYPE-MOONと親交が深い。きっかけは奈須きのこと一緒に麻雀をしたことから[1]
  • ショートカットの女の子が好みであり、自分がキャラクターデザインをした作品には必ず入れる拘りを持つ。
  • キャラクターデザインをする際、声優のイメージとシナリオのプロットを既に決めて行うことが多い。『キミキス』の主要キャラの声優は、星乃結美役の小清水亜美以外は箕犀の指名だったと言われる(小清水のみオーディションで決定)。
  • アマガミ』でも同様に箕犀自身から声優を指定したキャラは多い[1]

参加作品

2001年までは本名での参加、2003年より高山箕犀名義での参加。

1997年
1999年
  • トゥルー・ラブストーリー2(グラフィック)
  • トゥルー・ラブストーリーファンディスク(グラフィック)
2001年
  • トゥルー・ラブストーリー3(グラフィック)
2003年
  • True Love Story -Summer Days, and yet...(グラフィック、キャラクターデザイン)
2004年
2005年
2006年
  • キミキス(グラフィック、キャラクターデザイン)
2009年
  • アマガミ(グラフィック、キャラクターデザイン)
2016年
2017年
  • セイレン(原作、シリーズ構成、脚本、キャラクター原案)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g TECH GIANイレギュラーズ SUMMER

関連項目

外部リンク