駒田好洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

駒田 好洋(こまだ こうよう、本名万次郎、まんじろう、明治10年(1877年7月1日 - 昭和10年(1935年8月11日)は、日本の活弁家映画プロデューサーである。「日本率先活動大写真会」を名乗り、映画の興行をするばかりでなく、「日本初の商業公開用の映画」を製作し、さらに「日本初の劇映画」の製作も行ったことで知られる。

来歴[編集]

1877年7月1日(明治10年)、大阪に生まれる。実家は呉服商であったが、出奔してアメリカに密航、2か月で困窮して帰国、上京して東京市京橋区(現在の東京都中央区京橋)の京橋(1959年に撤去)近くの広告代理店広目屋」の店員になる[1]

1897年(明治30年)2月21日、大阪の荒木和一が、エジソン社の「ヴァイタスコープ」を大阪・新町演舞場(現在の大阪屋本店西区新町2-5)で公開、続いて3月6日には東京の「新居商会」が神田錦輝館神田区錦町、現在の千代田区神田錦町)で公開するにあたり、宣伝を広目屋に発注した。同時に上陸したフランスリュミエール社の「シネマトグラフ」は大阪ではヴァイタスコープの7日前に公開されたが、東京では「3日間」早く公開することに成功した。これにとびついたのが当時19歳の駒田である。

新居商会からヴァイタスコープを譲り受け、同年5月には活弁家となって、「日本率先活動大写真会」としてアメリカ映画を興行して回り始めた。

1899年(明治32年)、日本橋区(現在の中央区日本橋)、杉浦六右衞門の「小西写真機店」(のちのコニカミノルタ)がゴーモン社製のムービーカメラを輸入、実験的な映画撮影を開始した。この「日本初の撮影技師」は浅野四郎、20歳の同店の店員であった。

日本映画の初興行[編集]

1899年(明治32年)、22歳の駒田は小西写真機店からムービーカメラを購入、同い年の浅野に撮影発注。小西写真機店によって、芝区[2]の料亭「紅葉館」で3人の芸者の踊りが撮影された。この『芸者の手踊り』が「日本初の商業公開用の映画」とされ、同年6月20日歌舞伎座で公開された[3]

翌月7月14日には『かっぽれ』ほかが明治座で公開された[4]。またこのとき、銀座三越写真部の柴田常吉の作品も同会によって公開されている。

同年、清水定吉による「日本初の拳銃強盗事件」[5]をテーマに、俳優横山運平らに演じさせた映画『清水定吉(稲妻強盗)』[6](『ピストル強盗清水定吉』[3]とも)を製作する。これが「日本初の劇映画」となり、犯人清水を取り押さえ24歳で殉職した警官を演じた横山は「日本初の映画俳優」となった[7]

やがて東京の吉沢商店や京都の横田商会らが割拠し始め、「日本率先活動大写真会」は1905年(明治38年)以降に活動は沈潜化する。駒田はまだ28歳である。

駒田は「東京活動写真会」名義で歌舞伎相撲の撮影フィルムを持って全国を巡業して廻り、同年、日露戦争の記録映画で大当たりをとる[8]

のちに駒田は、下谷区上野(現在の台東区上野)で「セカイ・フィルム」社を設立、「日本率先活動大写真会」時代の所蔵プリントを貸し出していた[1]。同社は1本だけ映画を製作したが、それが帝国劇場で公開されたのは駒田の没後、1937年のことだった。駒田が「原作」としてクレジットされている『不滅乃木』がそれで、トーキーの時代に「サウンド版」で、活弁を吹き込んでいるのは、岩藤思雪であった[9]

1935年(昭和10年)8月11日に死去。58歳没。多磨霊園に眠る[1]

人物・エピソード[編集]

個人を観客とした覗きからくり方式の「キネトスコープ」に代え、多数の観客を対象としたスクリーン投射手法による「ヴァイタスコープ」を広めた人物。映写機や活動写真の説明に際して、口癖で「頗る非常」という言葉を連発したため、流行語となるほどの人気を勝ち取り、みずから「頗る非常大博士」と名乗り、人気を博した[1]。明治32年の歌舞伎座での日本製活動写真初興行でも、「頗る非常こと駒田好洋」と説明文がつけられた。映画館のない時代の「巡回興行」の草分けであり、映画説明者の第一号である。

おもなフィルモグラフィ[編集]

  • 芸者の手踊り 明治32年 撮影浅野四郎 ※日本初の商業公開用の映画
  • かっぽれ 明治32年 撮影浅野四郎
  • 清水定吉(稲妻強盗) 明治32年 監督・撮影駒田好洋・柴田常吉、出演横山運平 ※日本初の劇映画
  • 二人道成寺 明治32年 撮影白井勘造
  • 北清事変活動大写真 明治33年 撮影柴田常吉・深谷駒吉
  • 歌舞伎座活動大写真 明治37年 撮影柴田常吉ほか7名
  • 従軍写真 明治38年
  • 日本率先活動写真会 明治38年 撮影水島忠夫岩尾馬代太鈴木安次
  • 三府合同活動写真 明治38年 撮影水島忠夫、岩尾馬代太、鈴木安次
  • 日露実況活動写真 明治38年

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d 「歴史が眠る多磨霊園」サイト内の「駒田好洋」を参照。
  2. ^ 現在の港区芝公園4丁目、東京タワーのあたり
  3. ^ a b 田中純一郎『日本映画発達史〈1〉活動写真時代』(中央公論社1968年)の記述を参照。
  4. ^ 日本映画データベースの「1899年 - 1909年 公開作品一覧 376作品」を参照。
  5. ^ 1882年(明治15年)に事件を起こし、1886年(明治19年)に逮捕された。
  6. ^ 日本映画データベースの「清水定吉(稲妻強盗)」を参照。
  7. ^ 同作は1930年(昭和5年)にも河合映画製作社松林清三郎を主演にリメイクしている(『清水定吉』、監督丘虹二
  8. ^ 『あゝ活動大写真 グラフ日本映画史 戦前篇』(朝日新聞社)
  9. ^ 岩藤は1909年(明治42年)にM・パテー商会製作、栗島狭衣栗島すみ子親子主演の『新桃太郎』を監督し、1920年(大正9年)、アメリカ映画『あの丘越えて Over the Hill』を個人輸入、日本公開した人物である。

参考文献[編集]