飯森嘉助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯森 嘉助(いいもり かすけ、1937年3月14日 - 2012年5月27日)は、日本学者。専門はアラビア語中東文化。拓殖大学名誉教授[1]

人物・経歴[編集]

長野県佐久市出身[1]。1960年信州大学教育学部卒業。大学卒業後に一旦中学校教諭となるが、その後アラビアの語学や文化などに関心を持ちエジプトアル=アズハル大学に留学し、1968年同大アラビア語学部歴史文明学科を卒業。

1970年拓殖大学非常勤講師、74年拓殖大学専任講師、1976年4月拓殖大学助教授、1983年4月拓殖大学政経学部教授を務め、2003年3月退職は、同年7月に拓殖大学名誉教授の称号を受ける。

中東では一般的な野菜であるモロヘイヤを日本に紹介し、モロヘイヤ普及協会を設立してその普及に努めた。

2012年5月27日に死去[2][3]。75歳没。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 飯森嘉助. “モロヘイヤ事始 筆者紹介”. 2012年10月7日閲覧。
  2. ^ “拓大名誉教授の飯森嘉助氏死去”. 読売新聞. (2012年5月28日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120528-OYT1T01166.htm 2012年5月28日閲覧。 
  3. ^ “モロヘイヤの普及に尽力 飯森嘉助さん死去”. 朝日新聞. (2012年5月28日). オリジナル2012年9月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120910062521/http://www.asahi.com/obituaries/update/0528/TKY201205280481.html 2012年10月7日閲覧。 

外部リンク[編集]