飛鳥資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 飛鳥資料館
Asuka Historical Museum
Nabunken-asuka.jpg
施設情報
館長 松村恵司
開館 1975年3月16日
所在地 634-0102
奈良県高市郡明日香村奥山601
位置 北緯34度29分0.65秒 東経135度49分32.33秒 / 北緯34.4835139度 東経135.8256472度 / 34.4835139; 135.8256472
ウェブサイト http://www.nabunken.go.jp/asuka/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

飛鳥資料館(あすかしりょうかん)は、奈良県明日香村にある奈良文化財研究所の附属機関。

概要[編集]

1970年12月18日閣議において飛鳥地域の出土品などを保管するための施設の建設が決定され、谷口吉郎設計による数寄屋風のコンクリート建築による資料館が建てられ、1975年3月16日に開館した。飛鳥時代における倭国の中心であった飛鳥地域で発掘された多くの出土品を展示するとともに、飛鳥地域の研究の最新情報を提供している。

交通[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]