橿原市コミュニティバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橿原市コミュニティバス(かしはらしコミュニティバス)とは、奈良県橿原市奈良交通奈良交通葛城営業所)に委託し公共交通機関空白地域の解消や藤原宮跡などの文化財の周遊、橿原市昆虫館・橿原市営香久山墓園など公共施設へのアクセス改善を図る目的で運行しているコミュニティバスである。

橿原市コミュニティバス

沿革[編集]

  • 2007年9月2日:運行を開始する。
  • 2009年9月5日:土・日祝日に限り明日香奥山まで延長する。
  • 2018年4月1日:土・日祝日の明日香奥山乗り入れをやめ、近鉄・橿原神宮前駅に乗り入れる。

路線[編集]

運賃[編集]

車両[編集]

「天上の虹」ラッピングバス

その他[編集]

  • 以前、橿原市は2001年に「橿原市公共施設連絡バス」を橿原神宮駅東口 - やわらぎの郷間(畝傍御陵前駅、小房、医大病院前、八木駅経由)で運行していたことがある。当時の運行受託はエヌシーバスであった。
  • また橿原市昆虫館行のバスは以前、橿原市が年間400万円で奈良交通に運行を委託していたが、2003年3月末に廃止された経緯もある。
  • 現在、新沢方面からイオンモール橿原方面にかけての交通空白地区への新路線が検討されている[3][4]
  • 橿原市・明日香村は休日明日香奥山でコミュニティバスを相互に乗り継ぎが可能であることをアピールしている[5][リンク切れ]。ただし、机上のダイヤ上での話で、両バスが接続・連絡しているわけではない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昆虫館出発の復路のみ停車
  2. ^ a b 奈良交通の一般路線に「医大病院玄関口」が存在するが、同一場所である。
  3. ^ 橿原市議会「橿原市議会だより」2015年12月.
  4. ^ 奈良県地域交通改善協議会 「第7回「奈良県地域交通改善協議会」」 2015年.
  5. ^ http://www.city.kashihara.nara.jp/toshiseisaku/seikatu/bus/index.html

外部リンク[編集]