音の風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
音の風景
ジャンル 紀行番組
放送方式 音声録音
放送期間 1985年4月1日 -
放送時間 下記参照(5分間)
放送局 ラジオ第1ラジオ第2NHK-FM
制作 NHK
テンプレートを表示

音の風景』(おとのふうけい)は、NHK1985年4月1日[1]に放送を開始した5分間の紀行番組である。

概要[編集]

日本および世界各地のいろいろな場所を、その場所特有の音を中心に、わずかな解説を付して紹介する。

ナレーター[編集]

以下のアナウンサーは、以前収録した音源が裏送りなどで使用される。

放送時間[編集]

  • NHKラジオ第1放送:日曜 19:50 -
    その他土日放送の「とっておきラジオ」の放送が16:50までの場合でも、16:50から5分間本番組が放送される。
    2012年3月までは、『ラジオ深夜便』内2時台後半(3時前。2:53頃 - )のフロート番組で放送された[2]
    2006年10月より、毎日別の内容を放送。
  • NHKラジオ第2放送
    2006年10月より、毎日別の内容を放送。
    • 毎日 16:20 -
    • 月 - 金曜 12:55 - 、23:35 -
    • 土曜 8:10 - 、12:25 - 、13:55 - 、22:20 -
    • 日曜 9:00 -
  • NHK-FM放送
    祝日およびラジオ第1で国会中継がある場合にも11:50から放送されることがある。
    • 月 - 木曜 15:55 -
    • 火 - 金曜 9:15 - [3]
    • 金曜 22:40 -
    • 土曜 6:50 - 、22:50 -
    • 日曜 11:50 -
      11:55から気象情報・お知らせを放送する地域および「NHKネットラジオ らじる★らじる」への裏送り。
    • ラジオ深夜便』2時台後半(3時前。2:53頃 - 。2012年3月終了)
  • NHKワールド・ラジオ日本
    ラジオ第1放送と同時放送された(ラジオ深夜便内にて)。地上デジタルラジオでは通常の日本語版のほか、英語版も制作された。

2010年度の特別企画[編集]

放送開始25年記念として、3半期(4か月)を一つのくくりとした特別企画を通常バージョンと併用して放送した。

  • 2010年4月 - 7月:「昔懐かしい 音の風景アーカイブス」(過去に放送された音の風景の録音を再構成)
  • 2010年8月 - 11月:「この街の音自慢 日本一の音」(日本各地それぞれの地域独特の音の風景を収録。髭男爵が出演)
  • 2010年12月 - 2011年3月:「視聴者のみなさんから応募する私の音の風景」(リスナーの心に残る音の風景を募集し、それを基にした作品を展開)

その他[編集]

  • 2008年2月3日の総合テレビの番組『三つのたまご』で録音の模様を放映した。この中では臨場感あふれる録音のためにスタッフがさまざまな試みを行っていることがわかる。
  • 2009年3月14日には特別番組『音の風景スペシャル 耳をすませば未来が聞こえる』がNHK-FM放送にて2時間40分にわたり放送された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 番組公式サイトより。
  2. ^ その時間帯では「では、音の風景です。皆さんを5分間(内容によって3分間)の音の旅にご案内しましょう」という前ふりがあった。なおアーカイブ放送である場合はその音源の初回放送日もアナウンスされた。
  3. ^ 従来この時間に放送されていた「FM番組トピックス」はこれにより終了。
  4. ^ 3月14日(土)放送『音の風景スペシャル』髭男爵のお二人からボイスメッセージ到着!(NHK-FM BLOG、2009年2月26日)

外部リンク[編集]