青山和夫 (考古学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青山 和夫(あおやま かずお、1962年11月7日[1] ‐ )は、日本の考古学者茨城大学教授。

来歴[編集]

京都市生まれ。1985年東北大学文学部考古学科卒、ピッツバーグ大学大学院修士、1996年博士課程修了。1997年茨城大学人文学部助教授、2006年教授。2008年日本学士院学術奨励賞受賞。1986年からホンジュラスエントラーダ地域、コパン谷、グアテマラアグアテカ遺跡とセイバル遺跡でマヤ文明の調査に従事。

著書[編集]

  • 『古代マヤ石器の都市文明』京都大学学術出版会 2005 学術選書 諸文明の起源
  • 『古代メソアメリカ文明 マヤ・テオティワカンアステカ』講談社選書メチエ 2007
  • 『"謎の文明"マヤの実像にせまる 歴史再発見』NHK出版 2012 NHKシリーズ. カルチャーラジオ
  • 『マヤ文明 密林に栄えた石器文化』岩波新書 2012

共編著[編集]

  • 『メソアメリカの考古学』猪俣健共著 同成社 1997 世界の考古学
  • 『岩波アメリカ大陸古代文明事典』関雄二共編著 岩波書店 2005
  • 『古代アメリカ文明 アステカ・マヤ・インカ』増田義郎共著 山川出版社 2010 世界歴史の旅

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.294

参考[編集]