長瀬次英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ながせ つぐひで
長瀬 次英
S 4333579.jpg
生誕 (1976-11-30) 1976年11月30日(43歳)
日本の旗 日本 京都府綾部市
国籍 日本の旗 日本
出身校 中央大学総合政策学部
職業
  • PENCIL&PAPER.COM CEO
  • Visionary Solutions CEO
肩書き
  • マーケター
  • ビジネスコンサルタント

長瀬 次英(ながせ つぐひで、1976年11月30日 - )は、日本のマーケター実業家経営コンサルタント

人物・経歴[編集]

1976年、京都府綾部市生まれ。日本人商社マンの父とフィリピン人の母の間に生まれる。幼稚園から小学生までは兵庫県神戸市、中学・高校(6年間)は米国(NYNJ)の現地校で過ごし卒業(TOP10%卒 ※HONORS)。大学は東京の中央大学総合政策学部渥美東洋ゼミ)を卒業(GPA3.7 ※SとAを4.0として計算)、INSEADビジネススクールにてデジタルマーケティングコース/EMBA取得[1][2][3]

大学卒業後はKDDI(国内通信事業社:旧KDD:ワイアレスビジネス推進部/サービス企画部)に勤め、次にJWT/ジェイ・ウォルター・トンプソン(外資系広告代理店:アカウントマネジメント?)、その次にはユニリーバ・ジャパン/ユニリーバ・オーストラリア*海外赴任(外資系消費財事業社:アジア地域ブランド開発マネージャー)、そしてNuSkin(外資系化粧品・栄養補助食品事業社:新規事業戦略マーケティング事業部長/CMO(チーフマーケティングオフィサー)と様々な業態/業種にて主にブランドの戦略構築や新商品開発、そしてアジア地域市場でのビジネスの建て直しや新事業ロンチ・収益化を手掛けてきた。

企画やマーケティング、そしてブランディングをメーカー側、広告主側、代理店側、ディストリビュータービジネスを通じて経験を養った後は、それらの経験を活かしてフェイスブック・ジャパンにてブランドビジネスディベロプメント(FMCG/Fashion Luxury Brandを中心としたビジネス開拓)/クライアントパートナーを務める。更にインスタグラム・ジャパンの日本事業代表責任者[4]。を担い、プラットフォームビジネスモデルの構築、ブランドやエージェンシーとのパートナーシップ戦略、新商品開発戦略、ユーザーマネジメント戦略、ブランド構築戦略等を実施し、日本における収益モデル(マネタイズ)を確立させた。

プラットフォーマーとしての責務を果たしたのちに、日本ロレアル(2015年10月 - )にてデジタル改革の旗振り役のCDO[5][6][7][8][9][10][11]を務め、日本初のCDO[12][13][14][15][16]に就任。コスメ&ビューティー業態にデジタルビジネスを投入[17][18]し、デジタルプレーヤーとのパートナーシップ戦略を推し進めるなどして従来のコスメのビジネスモデルを変革に勤めた。

主な職歴[編集]

アルバイト
  • NASスポーツクラブ(聖蹟桜ヶ丘店):GYMトレーナー、パーソナルトレーニング[要出典]
インターン
  • 日本野鳥の会/「BIRD LIFE」:国際保護団体/渡り鳥の保護活動、RED DATA BOOK調査、経理/支援金、サポート等。[要出典]
就職
  • KDDI 株式会社 国際部、ワイアレスビジネス推進部、海事衛星事業部/サービス企画部
  • JWT.合同会社 アカウント エグゼクティブ(ボーダフォン/NZ政府観光局/ユニリーバ)
  • ユニリーバ・ジャパン株式会社 ブランド開発マネージャー、飲料カントリーリード
  • ユニリーバ・オーストラエイジア株式会社 ブランド開発ディレクター
  • ニュースキン・ジャパン株式会社 新規事業開発本部長、CMO
  • フェイスブック・ジャパン クライアントパートナー・グローバルマーケティング ソリューション
  • Instagram Japan 日本事業責任者/ビジネス・ディベロプメント・リード
  • 日本ロレアル株式会社 コスメ&ビューティー・チーフデジタルオフィサー/DX
  • (株)LDH Japan エンターテイメント・チーフデジタルオフィサー/DX
  • (株)BORDERS at BALCONY アパレルブランド・CEO
  • (有)柴田陽子事務所 ブランド開発コンサルタント・CSO
起業
  • PENCIL&PAPER.COM株式会社(株)CEO
  • Visionary Solutions株式会社(株)CEO

教育実績[編集]

  • 明治大学:ソーシャルメディア論、マーケティング
  • 一橋大学:ソーシャルメディア論、経営/マーケティング
  • 立教大学:MBA/デジタルトランスフォーメーション論
  • NUCB: MBA/ビジネス/マーケティングコース

受賞歴[編集]

  • グローバル マーケティング アワード (2010年:ユニリーバ)
  • アドテック ベストスピーカー 1位 (2017年:アドテック東京)
  • アドテック ベストスピーカー 1位 (2018年:アドテック東京)
  • CDO オブ ザ イヤー (2017年: CDO CLUB)

出演[編集]

  • Yahooジャパン:「特別鼎談」:ゲストスピーカー
  • 日経CNBC :「夜エクスプレス」: ニュースコメンテイター & ゲスト
  • News Picksライブ: 「Live Picks」: ゲスト/スピーカー

執筆実績[編集]

  • News Picksプロピッカー:2017年 - (休業中)
  • Forbes オフィシャルコラムニスト:2018年 -

講演・セミナー(一部のみ)[編集]

  • 宣伝会議「企業のための短期集中勉強会 デジタルシフトコース:デジタルトランスフォーメーションの推進」(2017年03月27日)
  • Woman Insight Agenda「女性にアプローチする為のデジタル戦略」(2018年9月20日)
  • CIOジャパン サミット「デジタル時代に新たな先駆者」(2018年11月8日)
  • SMARTxTECH TOKYO 「キャリアを構想する」(2018年12月17日)
  • DIGIDAY HOT TOPIC/Influencer Marketing Tokyo「熱力学」で見立てる、インフルエンサー施策の極意」(2018年12月10日)
  • Publisher Summit 2019 for Executive 「ノーモア! メディア泥棒!」(2019年1月28日)
  • MarkeTree Manabi 「No More! 内向きマーケター!」(2019年1月29日)
  • MARKETING Technology Fair「商品ありきのマーケティングからの脱却」(2019年2月8日)
  • 宣伝会議「企業のための短期集中勉強会 デジタルマーケティングコース(2019年5月/11月)
  • Advertising Week Asia「優れたCDOが実践する、最強チームを作る秘訣!」(2019年5月28日)
  • Media Innovation「D2Cは消費とコミュニケーションをどう変えるか」(2019年7月24日)
  • KARTE CX Conference 2019「デジタルの世界だからこそ重要な顧客中心の考え方と付加価値のあり方」(2019年11月11日)
  • CDO Summit Tokyo 2018 「CDO(Chief Digital / Data Officer)が、デジタル変革を推進するために必要なこと」(2018年1月26日)
  • CDO Summit Tokyo 2018 Winter(2018年12月5日)
  • 慶応義塾大学「これからのキャリアについて」(2019年6月6日)
  • トランス・コスモス カレッジ 「日本初のCDOが本音で語るデジタルな世界での働き方」(2019年7月11日)
  • 「現場個客中心主義」とは?変わる企業と顧客の関係性。日本最初のCDO 長瀬次英|KARTE CX Conference 2019

取材実績(一部のみ)[編集]

  • デジタル化の達成指標は「20%・50%・100%」/日本ロレアル. 宣伝会議. (2016年3月)
  • 提供する価値は「コミュニケーション」から「サービス」へ. AdverTimes. (2016年12月8日)
  • 予算50%以上をデジタルメディアに投資――日本ロレアルが考える、デジタルマーケ時代のアプリの重要性. COMPASS. (2017年3月23日)
  • 「メイクは実際に使ってみないと、みんな買わない」日本ロレアルが語ったデジタル戦略とアプリの可能性とは?. モバイルマーケティング研究所. (2017年3月30日)
  • 「ボトムアップの限界」を打破。日本ロレアルのデジタル化を推進する、CDOの役割. SELECK. (2017年7月5日)
  • CDOは「必要な改革を部門横断で推進できるCEOの右腕」日本ロレアル長瀬氏. TechRepublic Japan. (2017年7月25日)
  • 日本ロレアルがCDOを設置した理由:デジタル時代の顧客中心主義とは[前編]. Insight for D. (2016年8月1日)
  • 日本ロレアル初「最高デジタル責任者」職が若者に与える影響. FASHIONSNAP.COM. (2016年8月11日)
  • CDO Interview vol.1. CDO Club Japan. (2017年9月24日)
  • 「広告予算を100%デジタルに」 残り3年、日本ロレアルのCDOが今考えていること. MarkeZine. (2017年10月6日)
  • インスタグラムからやってきた「デジタル幹部」の「アナログ戦術」. ForbesJapan. (2017年10月23日)
  • 2017年12月号. Forbes Japan. (2017年12月)
  • 日本初のJapan CDO of the Year 2017発表 日本ロレアル株式会社CDOの長瀬次英氏に決定. CDO Club Japan. (2018年1月27日)
  • デジタルを駆使するCDOにこそ強い人間力が必要【第6回】. デジタルクロス. (2018年3月5日)
  • FUTURE TALK -日本ロレアル CDO 長瀬次英氏が考える、未来型の顧客中心主義. FUTURETALK. (2018年4月19日)
  • 日本ロレアルのCDOが語る、お客様第一主義への道. MarkeZine. (2018年4月20日)
  • デジタル化の本質はお客さんを知ること. JBpress Digital Innovation Review. (2018年8月10日)
  • 【長瀬次英】多様な時代になぜ私は「良いスーツ」を着るのか. NewsPicks. (2018年9月25日)
  • 初代バチェラー久保氏、LDH長瀬氏、シーオーメディカル瀬出井氏が語る「感情に訴える顧客体験」とは?. MarkeZine. (2018年9月20日)
  • 元・ロレアルCDO 長瀬次英氏は、なぜLDHへの入社を決めたのか. アジェンダノート. (2018年9月25日)
  • 【キャリアってどう積むの?】LDH JAPAN 長瀬氏&Moonshot 菅原氏が実体験を語る. MarkeZine. (2019年1月10日)
  • デジタルが普遍となった世界で、CDOはどうなる?. マスメディアン. (2019年4月18日)
  • 人の期待に応えたいから、人間の本質を理解するー  マーケター 長瀬次英氏 インタビュー【前編】. NUCB Business School. (2019年5月16日)
  • マーケターの仕事は、人に興味を持って対峙し、自分の立ち位置をわきまえてアプローチすることー  マーケター 長瀬次英氏 インタビュー【中編】. NUCB Business School. (2019年5月16日)
  • 経験とロジカルシンキングが、人から認められる自分を作るー  マーケター 長瀬次英氏 インタビュー【後編】. NUCB Business School. (2019年5月16日)
  • 「日本初のCDO」の長瀬次英氏がブランディングカンパニー「柴田陽子事務所」CSOに就任. Media Innovation. (2019年10月2日)
  • 「目指すのはパラレルキャリアのロールモデル」長瀬次英氏が進む、次なるステージ. MarkeZine. (2019年10月23日)
  • 元日本ロレアルのCDOでBoarders At BalconyのCEO・長瀬次英氏が新しいコンセプトの会社を2社設立。. Ubergizmo Japan. (2019年11月2日)
  • 「GAFAでも収集できないデータを生かせ」日本初のCDOが説く、マーケティングの新機軸.ビジネス+IT(2019年12月9日)
  • MADURO STYLEの家創り第11回「ITカリスマ参戦!デジタルシフトなハイパーな家創り」(2019年12月6日)
  • 「口腔管理”ができる人はなぜ仕事ができるのか」起業家・長瀬次英さんは自他ともに認めるオーラルケアマニアだった (2019年12月18日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “人の期待に応えたいから、人間の本質を理解するー  マーケター 長瀬次英氏 インタビュー【前編】”. NUCB Business School. (2019年5月16日). https://www.nucba.ac.jp/commerce/interview/entry-18434.htm 
  2. ^ “マーケターの仕事は、人に興味を持って対峙し、自分の立ち位置をわきまえてアプローチすることー  マーケター 長瀬次英氏 インタビュー【中編】”. NUCB Business School. (2019年5月16日). https://www.nucba.ac.jp/commerce/interview/entry-18444.html 
  3. ^ “経験とロジカルシンキングが、人から認められる自分を作るー  マーケター 長瀬次英氏 インタビュー【後編】”. NUCB Business School. (2019年5月16日). https://www.nucba.ac.jp/commerce/interview/entry-18459.html 
  4. ^ “【キャリアってどう積むの?】LDH JAPAN 長瀬氏&Moonshot 菅原氏が実体験を語る”. MarkeZine. (2019年1月10日). https://markezine.jp/article/detail/29944 
  5. ^ “日本ロレアルがCDOを設置した理由:デジタル時代の顧客中心主義とは[前編]”. Insight for D. (2016年8月1日). https://d-marketing.yahoo.co.jp/entry/20160801416190.html 
  6. ^ “【長瀬次英】多様な時代になぜ私は「良いスーツ」を着るのか”. NewsPicks. (2018年9月25日). https://newspicks.com/news/2881892/body/ 
  7. ^ “デジタルを駆使するCDOにこそ強い"人間力"が必要【第6回】”. デジタルクロス. (2018年3月5日). https://dcross.impress.co.jp/docs/column/column20170926-01/000399.html 
  8. ^ “デジタル化の達成指標は「20%・50%・100%」/日本ロレアル”. 宣伝会議. (2016年3月). https://mag.sendenkaigi.com/senden/201603/brand-digital/007348.php 
  9. ^ “CDOは「必要な改革を部門横断で推進できるCEOの右腕」日本ロレアル長瀬氏”. TechRepublic Japan. (2017年7月25日). https://japan.techrepublic.com/article/35104673.htm 
  10. ^ “「メイクは実際に使ってみないと、みんな買わない」日本ロレアルが語ったデジタル戦略とアプリの可能性とは?”. モバイルマーケティング研究所. (2017年3月30日). https://moduleapps.com/mobile-marketing/11114rpt/ 
  11. ^ “予算50%以上をデジタルメディアに投資――日本ロレアルが考える、デジタルマーケ時代のアプリの重要性”. COMPASS. (2017年3月23日). https://compass-media.tokyo/interviewlist/loreal_digitalmarketing/ 
  12. ^ “CDO Interview vol.1”. CDO Club Japan. (2017年9月24日). https://cdoclub.jp/activity/interview/789/ 
  13. ^ “日本ロレアル初「最高デジタル責任者」職が若者に与える影響”. FASHIONSNAP.COM. (2016年8月11日). https://www.fashionsnap.com/article/2016-08-11/cdo/ 
  14. ^ “提供する価値は「コミュニケーション」から「サービス」へ”. AdverTimes. (2016年12月8日). https://www.advertimes.com/20161208/article240101/2/ 
  15. ^ “「ボトムアップの限界」を打破。日本ロレアルのデジタル化を推進する、CDOの役割”. SELECK. (2017年7月5日). https://seleck.cc/1037 
  16. ^ “「広告予算を100%デジタルに」 残り3年、日本ロレアルの“CDO”が今考えていること”. MarkeZine. (2017年10月6日). https://markezine.jp/article/detail/27069 
  17. ^ “FUTURE TALK -日本ロレアル CDO 長瀬次英氏が考える、未来型の顧客中心主義”. FUTURETALK. (2018年4月19日). https://viibar.com/reports/futuretalk_20180419 
  18. ^ “日本ロレアルのCDOが語る、お客様第一主義への道”. MarkeZine. (2018年4月20日). https://markezine.jp/article/detail/28213