長塚京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長塚京子
Kyoko Nagatsuka
Tennis pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・千葉県千葉市
生年月日 (1974-02-22) 1974年2月22日(44歳)
身長 166cm
体重 55kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1991年
引退年 1998年
ツアー通算 2勝
シングルス 0勝
ダブルス 2勝
生涯通算成績 183勝194敗
シングルス 121勝125敗
ダブルス 62勝69敗
生涯獲得賞金 $421,691
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(1995)
全仏 4回戦(1995)
全英 2回戦(1995)
全米 2回戦(1993・94)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(1994-96)
全仏 2回戦(1995)
全英 1回戦(1993・95・96)
全米 3回戦(1995)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 28位(1995年8月14日)
ダブルス 31位(1995年1月19日)

長塚 京子(ながつか きょうこ, 1974年2月22日 - )は、千葉県千葉市出身の元女子プロテニス選手。千葉東高等学校早稲田大学卒業。自己最高ランキングはシングルス28位、ダブルス31位。現役時代はヨネックス所属。身長166cm、体重55kg、右利き。WTAツアーでシングルス優勝はないが、ダブルスで2勝を挙げ、1995年1996年の1月第2週にオーストラリアホバートの大会でダブルス2連覇を達成した。

来歴[編集]

長塚はジュニア時代、1986年に「全日本ジュニアテニス選手権」の12歳以下の部門で優勝し、1989年には同選手権の16歳以下の部門を制したことがある。1991年にプロ入りし、1992年全米オープン4大大会にデビューする。1994年に「広島アジア大会」でダブルスの金メダルを獲得。彼女の最盛期は1995年に訪れ、全豪オープン全仏オープンの2大会連続で4大大会の4回戦進出を果たした。全豪オープンでは、4大大会初出場だった14歳のマルチナ・ヒンギスを2回戦で破る活躍があり(スコア:6-3, 6-4)、4回戦でナターシャ・ズベレワに 3-6, 6-3, 6-1 の逆転で敗れている。全仏オープンでは4回戦でガブリエラ・サバティーニに 3-6, 0-6 で敗れた。1995年全仏オープンは日本女子テニス界が頂点を極めた大会となり、長塚と杉山愛が4回戦まで進出し、エースの伊達公子が日本人女子選手初の準決勝進出を果たしている。

長塚は女子テニス国別対抗戦・フェドカップでも日本代表選手として活躍し、1996年4月27日-28日東京有明コロシアムドイツ・チームと「ワールドグループ」1回戦を戦った時は、4月28日のダブルス戦で杉山愛とペアを組み、シュテフィ・グラフアンケ・フーバーのペアを 4-6, 6-3, 6-3 で破り、日本チームを勝利へ導く活躍をした。当時のフェドカップの試合は、第1日目にシングルス2試合、第2日目にシングルス2試合を行い、その後最後の試合としてダブルスを行うしくみになっていた。第2日目のシングルス第1試合で伊達公子がグラフを 7-6, 3-6, 12-10 で破ったことから、会場内の盛り上がりは最高潮に達し、シングルス4試合が終了したところで「2勝2敗」になっていたため、勝敗の行方は最後のダブルス戦までもつれた。長塚と杉山のペアはこの大一番を制し、日本チームを記念碑的な大金星へ導いたのである。7月の準決勝ではアメリカ・チームに0勝5敗で完敗したが、長塚はフェドカップ代表選手の資格で、アトランタ五輪にも日本代表選手として出場した。

しかし、長塚の全盛期はあまりにも短く、1996年ウィンブルドンでは1回戦で第12シードの伊達公子と“日本人対決”が決まり、0-6, 3-6 で敗れてしまう。この後多数の故障を抱えるようになり、ツアー大会への出場もおぼつかなくなった。1997年全豪オープンの1回戦敗退が、彼女の最後の4大大会出場となる。そして1998年8月末に、長塚京子は24歳の若さで現役引退を発表した。この年は4月に遠藤愛が引退し、9月には沢松奈生子、年末の12月には雉子牟田直子がそれぞれ現役引退を表明した。

現役引退後は、千葉県にある「アートヒル・テニスクラブ」でコーチを務め、高雄恵利加森上亜希子などを指導した。2003年から2007年まで早稲田大学に在学。2009年4月にはアートヒル・テニスクラブを辞め、同月に船橋市にある「Ken'sテニスクラブ ららぽーと」とのジュニアアカデミー部門として開校した「Ken's Nagatsuka Tennis Academy」の校長に就任した。

外部リンク[編集]