鉄の肺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
An Emerson iron lung. 患者は、気密式で間歇的に減圧されるタンク中に横たわる。写真の機械は、Centers for Disease Control and Prevention Museum所蔵のもので、ポリオの患者であったルイジアナ州コヴィントン(Covington)のバートン・ハーバート(Barton Hebert)の遺族より寄贈されたもの。1950年代後期から2003年に彼が死去するまで実際に使用されていた。
ポリオ患者が使う鉄の肺で病棟は埋まった。 カリフォルニア州・Rancho Los Amigos National Rehabilitation Center(当時Rancho Los Amigos Hospital)(1953年)
使用中の「鉄の肺」 (1960年)

鉄の肺(てつのはい、: Iron Lung)は、人工呼吸器の一種である。

概要[編集]

患者の首から下を気密タンクに入れ、タンク内を間歇的に陰圧にする。タンク内を陰圧(-7 〜 -15 水柱センチメートル)にすると、患者の胸郭が広げられて吸気がおこる。平圧に戻すと胸郭の弾性によってがしぼんで呼気がおこる。これを繰り返す。

1928年アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンのハーバード大学公衆衛生スクール(Harvard School of Public Health)のフィリップ・ドリンカー英語版ルイス・A・ショー英語版らが、ポリオによる呼吸不全を治療するために実用化した。

1950年代までは広範に用いられていたが、装置が大がかりで高価なこと、頭部以外の全身をタンクが覆うために患者のケアが難しいこと、陽圧換気による人工呼吸器が普及したことなどもあり、現在ではあまり使われていない。診療報酬点数表には掲載されており、令和元年は1日につき260点算定できる[1]

木の肺[編集]

アメリカで1930年から50年代にかけてポリオが流行した際、鉄の肺は高価で必要数が揃わなかったことから、各地のエンジニアや木工職人がボランティアで鉄の肺と同等の装置を製作した。これらはベニヤ板などの木材が多用されていたことから「木の肺(wooden lung)」と呼ばれた[2]

関連項目[編集]

  • ポリオ - 呼吸まひ患者の生存率を上げた


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ J029鉄の肺 しろぼんねっと
  2. ^ A Home Made Iron Lung for the Hospital for Sick Children - Pandemic Ventilator Project

外部リンク[編集]