鉄の肺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
An Emerson iron lung. 患者は、気密式で間歇的に減圧されるタンク中に横たわる。写真の機械は、Centers for Disease Control and Prevention Museum所蔵のもので、ポリオの患者であったルイジアナ州コヴィントン(Covington)のバートン・ハーバート(Barton Hebert)の遺族より寄贈されたもの。1950年代後期から2003年に彼が死去するまで実際に使用されていた。
ポリオ患者が使う鉄の肺で病棟は埋まった。 カリフォルニア州・Rancho Los Amigos National Rehabilitation Center(当時Rancho Los Amigos Hospital)(1953年)
使用中の「鉄の肺」 (1960年)

鉄の肺(てつのはい、: Iron Lung)は、人工呼吸器の一種である。

概要[編集]

患者の首から下を気密タンクに入れ、タンク内を間歇的に陰圧にする。タンク内を陰圧(-7 〜 -15 水柱センチメートル)にすると、患者の胸郭が広げられて吸気がおこる。平圧に戻すと胸郭の弾性によってがしぼんで呼気がおこる。これを繰り返す。

1928年アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンのハーバード大学公衆衛生スクール(Harvard School of Public Health)のフィリップ・ドリンカー英語版ルイス・A・ショー英語版らが、ポリオによる呼吸不全を治療するために実用化した。

1950年代までは広範に用いられていたが、装置が大がかりで高価なこと、頭部以外の全身をタンクが覆うために患者のケアが難しいこと、陽圧換気による人工呼吸器が普及したことなどもあり、現在ではあまり使われていない。診療報酬点数表には掲載されており、令和元年は1日につき260点算定できる[1]

木の肺[編集]

アメリカで1930年から50年代にかけてポリオが流行した際、鉄の肺はたいへん高価で当時の金額で2千ドル以上もした、この価格の半分はフィリップ・ドリンカーとルイス・A・ショーの特許料だった、当時はTフォードが1台390ドルで買えた時代であり、特許料だけで新車二台分も取られていた。あまりに高価で要数が揃わなかったことから、各地のエンジニアや木工職人がボランティアで鉄の肺と同等の装置を製作した。これらはベニヤ板などの木材が多用されていたことから「木の肺(wooden lung)」と呼ばれた。[2]

最初の一号機は1937年8月26日にカナダのトロント小児病院にポリオに感染して入院していた4歳の子供の為にJoseph.H.W.Bower医師が自作した物だと言われている。[3] トロント小児病院で作られた木の肺はセイント・ルカ病院の理事だったマックスウエル・ケネディ・レイノルズが主導して五大湖周辺の仲間に呼びかけて1937年9月後半ごろから3週間足らずで五大湖周辺の23箇所の病院に海賊版製品が配られた。[4] この木の肺の資料はオールレッドラインを使ったテレックスによってオーストラリアのアデレード大学に送られ受け取ったエドワード・トーマス・ボス博士が主導してオーストラリアでも量産が行われ、イギリスではボス博士の弟のドナルド・ボスがナフィールド卿の援助を受けてモーリス自動車の工場で量産された。 フィリップ・ドリンカーとルイス・A・ショーは海賊版に対して訴訟を乱発したが使用していたジョン・ヘブン・エマーソン医師との裁判で特許無効の判決が出て特許権が消滅している。この敗訴により鉄の肺を生産していたコリンズ社は主力商品を失い後に倒産した。 その後、木の肺は特許が存在しなくなった為に世界中で合法的に量産されるようになり、高価な鉄の肺は木の肺によって置き換えられた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ J029鉄の肺 しろぼんねっと
  2. ^ A Home Made Iron Lung for the Hospital for Sick Children - Pandemic Ventilator Project
  3. ^ 1937年9月13日のTIME誌
  4. ^ カナダのオンタリオ州にあるグランドリバー病院(Grand River Hospital)に記録が残っており、病院の医師がyoutubeで公開しているBuilding a Pandemic Ventilator Part 1 of 4>https://www.youtube.com/watch?v=1P2YeBcfaQw

外部リンク[編集]