鈴木謙一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 謙一(すずき けんいち、1971年[1]11月3日[要出典] - )は、日本の脚本家映画監督神奈川県川崎市出身[1]

来歴[編集]

成城大学卒業。なお、映画監督の中村義洋は大学時代の先輩にあたる。在学中に中村が取り組む映画制作に強い感銘を受け、これを切っ掛けに大学卒業後も自主映画制作活動を継続し、中村と共に映画「ローカルニュース」を制作。同作品では撮影を担当した。同年、パル企画が制作する「ほんとにあった! 呪いのビデオ」シリーズで中村と共に構成・演出を手掛けた。監督作品としては「be found dead」でデビューを果たした[要出典]

2004年、中村、鈴木と構成作家の細川徹の3名で映像コントユニット「小鳩の会」を結成。その後も断続的に中村作品に携わり、『仄暗い水の底から』、『ラストシーン』、『アヒルと鴨のコインロッカー』など数多くの作品で中村と共同脚本を行った[2]。また、中村が監督した『@ベイビーメール』、『ゴールデンスランバー』などでも鈴木が脚本を手掛けている。

撮影作品[編集]

  • HOBOS Winds will blow soon (1997)
  • ローカルニュース (1999)
  • 世紀末の呪い 増殖 (2000)

演出・構成作品[編集]

脚本作品[編集]

監督作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Twitterプロフィール
  2. ^ 中村義洋 -略歴・フィルモグラフィー-”. KINENOTE. キネマ旬報映画データベース. 2018年11月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e 中村との共同脚本。
  4. ^ 中村と林民夫との共同脚本。
  5. ^ 裁判長!ここは懲役4年でどうすかのスピンオフDVD作品。

外部リンク[編集]