鈴木裕 (競輪選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 裕(すずき ひろし、1984年12月9日 - )は、千葉県を登録地とする競輪選手。元プロキックボクサー日本競輪学校(以下、競輪学校)第92期生。

来歴[編集]

埼玉県立三郷北高等学校出身。

2002年5月26日、プロキックボクサーとしてデビュー戦を迎えKO勝ち。続く同年9月22日の一戦も判定勝ちを収めた。しかし網膜剥離により、2戦2勝の戦績をもって引退を余儀なくされた[1][2]

その後、酢崎良雄(競輪学校53期生)に弟子入りして競輪選手を目指すことになった。2006年、競輪学校第92期生として入校。在校競走成績は50位(6勝)。

2007年7月6日小田原競輪場でデビューし、初勝利を挙げた。

2011年7月31日松戸競輪開設61周年記念を優勝。

2012年第65回日本選手権競輪で決勝に進出し8着。

一方で、ラッパー「MCピロシキ」としての知名度も高く、和製ガスケンの異名を持つほどの超凄腕である。

参考文献[編集]

  1. ^ 成るか完全世代交代、決戦、火の国・熊本ダービー - 予想師ギャンブラーblog(フリー版) 2012年3月4日付
  2. ^ キックボクサー出身の鈴木裕が地元・松戸記念をつかみ取る - 東スポWeb 2011年7月30日付

外部リンク[編集]