鈴木茂嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 茂嗣(すずき しげつぐ、1937年5月12日 - )は、日本の刑事訴訟法学者京都大学名誉教授日本学士院会員。法学博士(京都大学、1980年)(学位論文「刑事訴訟の基本構造」)。東京都出身。

略歴[編集]

略歴は以下のとおり[1]

学歴[編集]

職歴[編集]

主要な研究テーマ[編集]

  • 訴訟構造論
  • 審判対象論(訴因論=公訴犯罪事実論)

著書[編集]

単著[編集]

  • 『刑事訴訟の基本構造 訴訟対象論序説』(成文堂,1979年)
  • 『刑事訴訟法』現代法律学講座(青林書院,1980年/改訂版・1990年)
  • 『刑事訴訟法の基本問題』(成文堂,1988年)
  • 『続・刑事訴訟の基本構造〔上巻〕・〔下巻〕』(成文堂,1996-97年)
  • 『刑法総論〔犯罪論〕』(成文堂,2001年/第2版・2011年)
  • 『犯罪論の基本構造』(成文堂,2012年)
  • 『二元的犯罪論序説』(成文堂,2015年)

共編著[編集]

  • 松尾浩也)『刑事訴訟法を学ぶ』(有斐閣選書,1977年)
  • 佐藤幸治田中成明前田達明)『法律学入門』(有斐閣,1994年/補訂版・2000年/第3版・2006年/第3版補訂版・2008年)
  • 高田卓爾)『新・判例コンメンタール刑事訴訟法』全5巻 ( 三省堂,1995年)

記念論文集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 近畿大学法科大学院論集第4号”. 近畿大学法科大学院. 2016年1月20日閲覧。