鈴木正久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 正久(すずき まさひさ、1912年8月7日 - 1969年7月14日)は、日本基督教団牧師。日本基督教団総会議長在任中の1967年に、「第二次大戦下における日本基督教団の責任についての告白」を発表した。千葉県出身、青山学院卒業。

1966年に日本基督教団の議長に選ばれ、広島の原爆孤老ホームの建設や、沖縄キリスト教団との合同、また第二次大戦下における日本基督教団の責任についての告白のために多忙な日々を過ごして体調を崩す。多忙の故に病院の診断が遅れて、膵臓癌に倒れた。家族と教会役員の相談の結果、長女が癌の告知をした。その後、一ヵ月後に現職のまま死去した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

先代:
大村勇
日本基督教団総会議長
第7代:1966年-1969年
次代:
飯清