鈴木文助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき ぶんすけ
鈴木 文助
生誕 荒木 文助
(あらき ぶんすけ)
1887年1月
日本の旗 福島県
死没 1949年11月8日
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生物学
研究機関 京都帝国大学
東京帝国大学
出身校 東京帝国大学農科大学卒業
指導教員 鈴木梅太郎
博士課程
指導学生
芦田淳
他の指導学生 江本榮
主な業績 グリセリド分離および
その性質に関する研究
燐類脂体に関する研究
不飽和脂肪酸および
その誘導体についての研究
主な受賞歴 帝国学士院賞恩賜賞1933年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

鈴木 文助(すずき ぶんすけ、1887年明治20年〉1月 - 1949年昭和24年〉11月8日)は、日本生物学者生化学農芸化学)。学位農学博士東京帝国大学1925年)。旧姓荒木(あらき)。

京都帝国大学農学部教授、京都帝国大学農学部学部長、東京帝国大学農学部教授などを歴任した。

概要[編集]

福島県出身の生化学者農芸化学者である。油脂生化学研究に取り組んでおり、80種類以上の新たなグリセリン脂肪酸エステルを分離決定したことでも知られている。また、後藤格次らとともにサルバルサンの製法の開発に取り組んだことでも知られている。長年に渡って京都帝国大学東京帝国大学で教鞭を執るなど、後進の育成にも力を注いだ。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1887年明治20年)1月福島県にて生まれた。上京して東京帝国大学農科大学に進学し[註釈 1]農芸化学科にて学んだ[註釈 2]。このとき鈴木梅太郎に師事し、のちに梅太郎の娘婿となった。1912年(明治45年)、東京帝国大学の農科大学を卒業した。なお、後年に博士論文「『ビオス』ニ関スル研究」[1]を執筆し、1925年大正14年)に東京帝国大学より農学博士の学位が授与された[1]

研究者として[編集]

大学卒業後は生物学者として研鑽を重ね、1923年(大正12年)には京都帝国大学にて教授に就任した。京都帝国大学では農学部学部長に就任するなど、要職を歴任した。1934年昭和9年)12月、母校である東京帝国大学に転じ、教授に就任した。東京帝国大学では、岳父である鈴木梅太郎が主宰した化学第二講座を引き継ぎ[2]、のちに名古屋大学学長などを歴任する芦田淳[3]、のちに豊田工業大学工学部教授などを歴任する江本榮らを育てた[4]。なお、それと並行して理化学研究所研究員を兼任していた。しかし、病を得て東京帝国大学を退職した。それに伴い、化学第二講座は同じく鈴木梅太郎の門下である後藤格次が引き継ぐことになった[2]太平洋戦争の戦火の中を生き延びたが、1949年(昭和24年)11月に死去した。

研究[編集]

専門は生物学であり、特に生化学についての研究に従事した。また、大学生の頃は農芸化学科で学んだことからわかるように、農芸化学についての研究にも取り組んだ。生化学の見地から油脂について分析した研究が知られており、その成果を多くの論文として発表している。具体的には、グリセリン脂肪酸エステル分離性質に関する研究、燐脂質に関する研究、不飽和脂肪酸誘導体に関する研究、などが挙げられる。これら一連の「脂肪酸及之を含有する生物体成分の研究」[5]が評価され、大日本帝国で最も権威のある学術賞であった帝国学士院賞恩賜賞が贈られることになり[註釈 3]1933年(昭和8年)5月11日に授与された[5]。なお、岳父であり師でもある鈴木梅太郎も帝国学士院賞を受賞しているが、恩賜賞は授与されていない[6]

家族・親族[編集]

生物学者である鈴木梅太郎の婿養子となったことから[2]を荒木から鈴木に改めた。梅太郎の門下生であり、梅太郎が主宰した講座を引き継いだということもあり、梅太郎の業績について解説する機会も多かった[7]

略歴[編集]

賞歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 鈴木文助著『グリセリドの分離に就て』日本学術協会、1929年

共著[編集]

寄稿、分担執筆、等[編集]

  • 鈴木梅太郎編『農芸化学全書』朝倉書店1940年
  • 全国農業学校長協会編『日本農学発達史』農業図書刊行会、1943年
  • 静岡県科学協会編『黎明期に於ける郷土の科学者』静岡県科学協会、1944年

門下生[編集]

脚注[編集]

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京帝国大学農科大学は、のちの東京大学農学部の源流となった。
  2. ^ 東京帝国大学農科大学農芸化学科は、のちの東京大学農学部応用生命科学課程生命化学・工学専修の源流となった。
  3. ^ 帝国学士院賞恩賜賞は、のちの日本学士院賞恩賜賞の源流となった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「書誌事項」『CiNii 博士論文 - 「ビオス」ニ関スル研究国立情報学研究所
  2. ^ a b c 「HISTORY――研究室沿革」『生物化学研究室 沿革東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻生物化学研究室
  3. ^ a b 芦田淳「栄養化学と私」『日本農芸化学会誌』61巻、日本農芸化学会1987年、34頁。
  4. ^ a b 有山恒・川上行藏・江本榮出席者、丸尾文治司会「鈴木梅太郎先生を語る」『農芸化学の100年』日本農芸化学会1987年、46頁。
  5. ^ a b c 「第23回」『恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧 | 日本学士院日本学士院
  6. ^ 「第14回」『恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧 | 日本学士院日本学士院
  7. ^ 鈴木文助「鈴木梅太郞博士とヴイターミン」静岡県科学協会編『黎明期に於ける郷土の科学者』静岡県科学協会、1944年

関連人物[編集]

関連項目[編集]