後藤格次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

後藤 格次 (ごとう かくじ、1889年3月4日 - 1969年11月29日)は、日本の農芸化学者東京大学農学部教授。日本学士院会員。

経歴[編集]

生家である東光寺跡の碑。

後藤謙次郎の二男として、福岡県浮羽郡吉井町(現・うきは市吉井町)に生まれる。福岡県立中学修猷館を経て、1906年に東京府立一中を卒業し、第一高等学校を経て、東京帝国大学農科大学農芸化学科に進み、鈴木梅太郎に師事する。1914年、鈴木や、同じく鈴木の門下生であった荒木(のち鈴木)文助、世良正一とともに、サルバルサンの製法の研究を始め、同年、製法を確立し国産化に成功している。

1912年東大卒業と同時に、内務省伝染病研究所に入り、1915年、アルカロイドの研究のため、英国ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、次いでスイス・ジュネーブ大学に留学。1918年に帰国後、北里研究所助手、慶應義塾大学医学部予科教授、東京帝国大学農学部講師を経て、1944年、東京帝国大学農学部教授に就任する。

1947年4月からは日本農芸化学会会長を務め、1948年、日本学術会議の会員となる。

1949年、フジのアルカロイドであるシノメニンに関する研究で、学士院恩賜賞を受賞し、日本学士院会員に選定される。同年、東大を定年退職。1951年、北里研究所理事兼化学部長に就任。1962年の北里大学創設にも関与し、開校後は同教授に就任。その後、北里研究所名誉部長となる。

15か国の外国語をマスターし、博覧強記、人を魅するユーモアをもって多数の人材を養成した。

参考文献[編集]