鈴木徹郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 徹郎(すずき てつろう、1922年 - 1990年3月[1])は、北欧文学者、児童文学者。

人物[編集]

長野県生まれ。東京帝国大学中退。1955年宣教師からスウェーデン語を教わり北欧文学の道に入り、スウェーデン・ヘレモズ・インスティテュート卒業、コペンハーゲン大学大学院修了。のちデンマーク語を独習。

1970年『ハンス・ペテルソン名作集 全11巻』で産経児童出版文化賞受賞。1980年『ハンス・クリスチャン・アンデルセン その虚像と実像』で日本児童文学学会奨励賞受賞。1987年『アンデルセン小説・紀行文学全集』で日本翻訳文化賞受賞。日本アンデルセン協会事務局長。[2]

著書[編集]

  • 『いなくなったろん』藤沢友一絵 実業之日本社 1971
  • 『鈴っ子』河野日出雄絵 岩崎書店 1974
  • 『ハンス・クリスチャン・アンデルセン その虚像と実像』東京書籍 1979
  • 『バイキングものがたり 海の大冒険』帆足次郎絵 岩崎書店 1980
  • 『アンデルセン風物詩 写真と資料でつづる北欧のメルヘン』小学館 1983
共著

翻訳[編集]

  • 『世界偉人自伝全集 アンデルセン』訳編 太田大八絵 小峰書店 1967
  • レイフ・クランツ文 ウルフ・ルーフグレン絵『ウッレくんうみをいく』ポプラ社 1967
『ウッレくんジャングルへいく』
『ウッレくんそらをとぶ』
  • インゲル・サンドベルイ文 ラッセ・サンドベルイ絵『おばけのラーバン』ポプラ社 1967
  • アストリッド・リンドグレーン文 イロン・ヴィクランド絵『やかまし村の春』ポプラ社 1967
  • ヘレン・バンナーマン『ちびくろ・うーふ・ちびくろ・むーふ』村上勉絵 ポプラ社 ちびくろ絵本 1968
ちびくろ・かーしゃ
ちびくろ・きーば
  • 『ハンス・ペテルソン名作集』全11巻 大石真共訳 ポプラ社 1968-69
  • ベルイマン『極楽鳥の島』佐藤照雄絵 学習研究社 少年少女学研文庫 1970
  • ハリー・クルマン『真夜中の暴走』藤沢友一絵 講談社 1971
  • インゲル・サンドベルイ『ちびくんと100台の自動車』ラッセ・サンドベルイ絵 講談社 1972
  • トーベ・ヤンソン全集 8 ムーミン谷の十一月』講談社 1972 のち文庫
  • カイ・ショーデルヘルム『白夜の少年兵』藤沢友一画 岩崎書店 1972
  • インゲル・サンドベルイ『ぼくのつくった家』ラッセ・サンドベルイ絵 講談社 1972
  • 『アンデルセン文庫』全15巻 大原ゆり画 岩崎書店 1975-76
  • 『アンデルセン小説・紀行文学全集』全10巻 東京書籍 
1 (徒歩旅行・影絵) 1987
2 (即興詩人) 1987
3 O.T. 苦悩の烙印. 1986
4 (ただのヴァイオリン弾き) 1987
5 (絵のない絵本/幸せもののピーア) 1987
6 (一詩人のバザール) 1986
7 (二人の男爵夫人) 1986
8 (スウェーデン紀行・ディケンズ訪問記・ポルトガル紀行) 1986
9 (生きるべきか死ぬべきか) 1987
10 (スペイン紀行) 1987

参考[編集]

  1. ^ 『人物物故代年表』
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年