鈴木庫三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 庫三
生誕 明治27年(1894年1月11日
日本の旗 日本茨城県真壁郡
死没 昭和39年(1964年4月15日
日本の旗 日本熊本県菊池郡大津町
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
軍歴 大正4年(1915年) - 昭和20年(1945年)
最終階級 陸軍大佐
テンプレートを表示

鈴木庫三(すずき くらぞう、1894年(明治27年)1月11日 - 1964年(昭和39年)4月15日)は、日本の陸軍軍人。階級は陸軍大佐。戦時中、情報局情報官として言論統制を行っていた人物として知られる。清沢洌曰く、「日本思想界の独裁者」。

略歴[編集]

茨城県真壁郡鳥羽村大字鷺島(現:筑西市明野町鷺島)の豪農、鈴木利三郎の第7子として生まれるが、生後まもなく同筑波郡田水山村大字田中(現:つくば市田中)の農家、大里菊平の養嗣子となる。高等小学校卒業後は、農業を手伝いながら帝国模範中学会で自習。1913年(大正2年)12月、19歳で陸軍砲兵工科学校入学。1915年(大正4年)砲兵工科学校を卒業し、青森の歩兵第5連隊に赴任、まもなく盛岡の騎兵第24連隊に転任。1919年(大正8年)25歳で陸軍士官学校入学。

参考文献[編集]