鈴木國文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 國文
(すずき くにふみ)
生誕 鈴木 國文
(すずき くにふみ)
1952年生まれ
日本の旗 日本静岡県
居住 日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神病理学
研究機関 名古屋大学医学部
浜松医科大学医学部
エクス=マルセイユ大学
京都大学保健管理センター
パリ第7大学
出身校 名古屋大学医学部医学科
医学博士名古屋大学1990年
プロジェクト:人物伝

鈴木 國文(すずき くにふみ、1952年 - )は、日本医学者精神科医。専門は精神病理学名古屋大学大学院医学系研究科教授医学博士[1][2]。鈴木国文の字が用いられることがある。

来歴[編集]

現職 名古屋大学大学院医学系研究科リハビリテーション療法学専攻作業療法学教授[3]

受賞歴[編集]

学会[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『神経症概念はいま 我々はフロイトのために百年の回り道をしたのだろうか』 金剛出版、1995年
  • 『トラウマと未来 精神医学における心的因果性』 勉誠出版、2005年
  • 『時代が病むということ 無意識の構造と美術』 日本評論社、2006年
  • 『同時代の精神病理 ポリフォニーとしてのモダンをどう生きるか』 中山書店、2014年
  • 『精神病理学から何が見えるか』 批評社、2014年

共編著[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

  • 「異なるパラダイム、ひとつの臨床 —精神病理学の視点から精神医学の足場について考える」、『精神医療』第45号、2007年、 55-65頁。

出典[編集]

  1. ^ a b 笠原嘉、鈴木国文(編) 『精神医学レビューNo.40 臨床精神病理学の現在』 ライフ・サイエンス、2001年9月。ISBN 9784898012055
  2. ^ a b 鈴木國文. “La différence sexuelle dans le délire schizophrénique:分裂病性妄想における性的差異 —「妄想の主体」と「妄想を語る主体」 分裂病者との面接に関する一考察”. 国立国会図書館. 2013年10月30日閲覧。
  3. ^ 名古屋大学 - 教員詳細”. 2013年10月30日閲覧。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]