金子稚子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金子 稚子
(かねこ わかこ)
誕生 1967年
日本の旗 静岡県清水市
職業 編集者ディレクター
言語 日本語
最終学歴 静岡女子短期大学卒業
活動期間 2013年 -
主題 随筆
代表作 『僕の死に方――エンディングダイアリー500日』(2012年
『死後のプロデュース』(2013年
『アクティブ・エンディング』(2015年
デビュー作 『死後のプロデュース』(2013年)
(単著としての処女作)
配偶者 金子哲雄
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

金子 稚子(かねこ わかこ、1967年 - )は、日本編集者ディレクター。ライフ・ターミナル・ネットワーク代表。一般社団法人日本医療コーディネーター協会顧問

来歴[編集]

1967年静岡県清水市(のちの静岡県静岡市清水区)にて生まれた[1]。地元の公立短期大学である静岡女子短期大学(のちの静岡県立大学短期大学部)に進学した[1]。静岡女子短期大学を卒業したあとは、雑誌書籍などを手掛ける編集者として活動した。また、広告制作ディレクターとしても活動する[1]。その後、流通ジャーナリスト金子哲雄結婚する[1]。哲雄の闘病生活を支え、哲雄の死後は絶筆となった『僕の死に方――エンディングダイアリー500日』の執筆編集制作補助などを手掛けた[1][2]

の死を通じて、自分の死のみに主眼を置いたエンディングノート終活に対して、違和感を感じるようになった[3]。また、亡くなる者からの引き継ぎは遺された者の悲しみを軽減し心の支えになると気づき、この考えを伝えようと執筆活動や講演活動などに取り組むようになった[2][4][5][6]。現在は株式会社LTN代表取締役、ライフ・ターミナル・ネットワーク代表として、いつか迎える「その時」のために、情報提供やワークショップの開催も行っている。そのほかにも、日本医療コーディネーター協会の顧問なども務める[1]

2017年、厚生労働省による「人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会」に構成員として参加。

著作[編集]

単著[編集]

編集等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「金子稚子」『金子稚子 | 人名事典 | お楽しみ | PHP研究所PHP研究所2013年
  2. ^ a b 「故・金子哲雄氏から妻が引き継いだ『死後のプロデュース』」『故・金子哲雄氏から妻が引き継いだ「死後のプロデュース」 | 生き方 | PHPビジネスオンライン 衆知|PHP研究所PHP研究所2013年7月17日
  3. ^ 武市「【書考空間】死後のプロデュース(PHP新書)/(著:金子稚子)」『【書考空間】死後のプロデュース(PHP新書)/(著:金子稚子) | TIME LINE-今日のニュースと考えるヒント - TOKYO FM 80.0MHzエフエム東京
  4. ^ 「故・金子哲雄氏が妻に託した“引き継ぎ”とは? 『死後のプロデュース』(金子稚子・著)を発刊」『故・金子哲雄氏が妻に託した“引き継ぎ”とは?『死後のプロデュース』(金子稚子・著)を発刊 - MSN産経ニュース産経デジタル2013年7月17日
  5. ^ 「第10回がんサポートデイ~金子稚子さん講演会」『第10回がんサポートデイ~金子稚子さん講演会 | 健康支援ディアス』健康支援ディアス、2013年8月7日
  6. ^ 「金子稚子さん――ニッポン放送の番組に生出演」『金子稚子さん ニッポン放送の番組に生出演  - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)産経デジタル2013年8月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]