金子才十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 才十郎(かねこ さいじゅうろう、1926年8月19日 - 2017年2月8日[1])は、日本実業家カネコ種苗株式会社相談役。元代表取締役社長・会長。元日本種苗協会会長。

概要[編集]

群馬県出身。経営者としてカネコ種苗を種苗業界1位に育てた。種子に関する著作もある。

年譜[編集]

  • 1949年前橋医学専門学校卒業
  • 1950年医師国家試験に合格
  • 1953年東北大学農学部卒業、群馬種苗に入社
  • 1954年、群馬種苗取締役に就任
  • 1958年、群馬種苗社長に就任
  • 1964年、群馬種苗を同根企業のカネコ種苗と合併させる
  • 1976年第34回衆議院議員総選挙群馬1区から無所属で立候補したが落選
  • 1998年横浜商品取引所理事長に就任
    • ほかに、群馬県教育委員会委員長、前橋商工会議所会頭、前橋青春の会会長、群馬県バレーボール協会顧問、群馬県交響楽団副理事長、群馬県テニス協会会長、群馬産業技術センター利用促進協議会会長、東北大学農学部同窓会副会長、群馬県造園建設業協会会長、社団法人前橋法人会理事、前橋コンベンション・ビューロー理事長、グリーン興業取締役、群馬綜合ガードシステム取締役、日産サニー群馬販売取締役等を歴任した。
    • この他、群馬県商工会議所連合会名誉会長、日本育種学会賛助会員、日本バイオ産業人会議会員、財団法人国民政治協議会評議員▽群馬「正論」懇話会会長を務めた。

著書[編集]

  • 「種子のロマン」(1991年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]